裏事情が結構凄い

体長15mの巨大な人食いイカが、平和な町を恐怖に陥れる!

設定はかなり素敵!しびれる!そそられる!

ただ、裏事情が結構凄いのがこの作品。

この作品、きちんとした原作があり、さらに、その原作を、彼のジョン・カーペンターが映画化しようとしていたらしいのです。観たかったな、ジョン・カーペンターの巨大イカ映画…。

…だからと言って、監督が降板、または変わってこの作品が公開されたとか、そういうわけではありません。

この作品は、本来TVMとして製作されたものです。

そして…恐ろしいことに、TVM版だと3時間もあったというのです!

つまり、日本でテレビ放映するにあたって、独自に編集を行い(ばっさばっさとカット)、2時間枠に納めたのです。

しかし、実際にご覧になれば分かると思いますが、「この作品を3時間版で観ろ」と言われると、とても抵抗感を感じます。2時間版ですらダラダラした感じが否めないのに、3時間はいったいどういった作品となっているのか、日本での3時間版の観賞は不可能ですが、一度は観てみたいものです。ちなみに、DVDは放送版+22分となっています。

オリジナル版の方が素晴らしいとは、到底思えません。

また、終始頭にちらつくのは、「このイカ食べれるかな?」

刺身で食える生き物は、どうしても「食べれるか、否か」で入ってしまいます。

そんなわけで、この作品を観て海が怖くなるわけもなく、ただただ、猛烈にイカの刺身を食いたくなるだけでした。

レビュー投稿