意外に名作

これはダメだろうと期待せずに観たんだが、意外に名作でした。

ゾンビ映画に置いて「なぜゾンビが発生したか」を語るのは非常にナンセンスだし、それによって肝心のスプラッターシーンが削られると本末転倒になってしまう。なので、この作品で何の説明もなしにゾンビになってしまう点は、寧ろプラスに評価出来る。A級映画しか観ない奴!ここでツッコミを入れるんじゃない!「洞窟に行ったら違和感を感じた」これで十分じゃないか。抽象的でも何でもない。

しかも感染力は『28日後』並。喰われて5秒後にはハイ、一丁あがり!しかも、内臓デローンのおまけ付きだったりするから嬉しい。

主人公集団はヤケに呑気なやつばかりで、ゾンビに怯え、逃げ回りながらもなぜか街のレストランで盗み食い。カフェテラスで優雅なひと時を過ごします。観客の予想通りゾンビに嗅ぎ付けられ、まんまと襲われるのですが・・・何ともサービス満点の戦闘シーンを繰り広げてくれます。

首チョンパは当たり前。腕が裂け、頭が潰れ、胴体がブッ千切れる!

非力かと思いきや、突然カンフーを使い出す女も居たりして。

オラフ・イッテンバッハ!アンドレアス・シュナース!ギリシャ映画なのに、何この悪趣味なドイツ色!?

相手がゾンビとは言え、あんたらやり過ぎだよ…(汗

「もう死んでるわ」てそりゃ、そのまんま観客のツッコミだよ!

ストーリー半ばで弾丸のように仲間に加わる軍人(中尉)が居るんですが、そいつがゾンビ以上に怖かったです。目つきが。

ラストカットが無茶苦茶凄い

この監督、センスはあると思います。ただいかんせん技術と予算がない。そこが残念。でも、面白いなあ。この映画で多様する画面分割とか、ただやりたいだけだもんなあ。しかもゾンビ映画に対する情熱は感じた。

ちょっとあの『ブレインデッド』の影響を感じられるのは個人的に波長あっちゃいましたかね。いきなりキャラがカンフーの達人みたいになるし、ゾンビ集団が襲って来ても、なんだかんだ人間の方が勝ってしまうという。この異形の者より人間が勝るという考えは、完全にピーター・ジャクソンが開拓した畑、なのでそこはまあ“オマージュ”として良かったです。

基本的に、ゾンビ映画をやりたいだけなんですよね。キャラに執着なんて絶対にないと思う。ゾンビから逃げ惑う画が撮りたいだけ。タクシーの客の女なんて途中で完全別人ですから。全く同一人物とは思えない言動をしだすんですけど、何かワンアイディアきっかけがあれば狂気的になったんですけどね。

ただ終盤、あるキャラが死ぬ時の少女の涙がよくわからない。あそこで少女だけが涙を流すんだったら、もうちょっと慕ってたみたいなシーンがあった方が良いと思うんです。ピッコロとご飯ぐらいはね。ただあんなキャラを少女が慕うかとも思うし、だからここがもしコメディ要素で泣いていたとしたら、エラいつまらん映画なんですけど、よくわかりませんね。謎です。

以外にラストカットが無茶苦茶凄いんですよね。サッカー場で数千数万のゾンビが押し寄せて来ているのを空撮で撮っているんです。これは相当凄い。多分ここが一番やりたかったんじゃないでしょうか。

ゾンビ破壊シーン見るだけならお勧め

全体的には28日後…、28週後…、ドーンオブザデッド(リメイク)の影響丸出しで尚且つスタイリッシュな映像を絡めなかなか頑張っている、だのに突っ込み所しか無いんじゃないかって位の良いのか悪いのかさっぱり分からない作品。

とりあえず演技がダラッとしてて、変な会話があったり、更にアクションシーンも張りが無く、あまり緊迫感が無いのにそこになんだかダサいテクノ的BGM(ラン・ローラ・ランの出来損ないみたいなやつ)が絡んで更に緊迫感を消す、という。

かと思いきや対ゾンビのゴアシーンにやたらと力が入ってて人間よりもゾンビがメチャメチャに殺られちゃいます。

どうやらギリシャのゾンビはフニャフニャに柔らかいようで……拳や斧の柄の部分で身体貫かれたり、今ゾンビなったばかりなのにあっさり腕もげたり。

とにかくゾンビ破壊描写が血しぶきピュッピュと楽しそうに繰り広げられます。

なにかのパーティーみたいです

上半身と下半身に真っ二つになって下半身がずっと立ちっぱなのは何故?

「細かい所は気にするな」と言わんばかりの力技にニヤニヤしました。

あ、そうそうハイヒール投げて突き刺さりましたね。このゾンビ対処法はミートオブザデッド以来。絶対パクッたよな。

で最後は何の為にサッカー場?意味分からん。何かあるのかと思えばノープラン。

んなアホな……。

しかし期待しないでゾンビ破壊シーン見るだけならお勧め!

個人的にはなんだかんだで予想より楽しめました。

レビュー投稿