暗い画面とカメラのブレ

ドキュメンタリータッチでもないのに『REC』並のカメラのブレ。

「ネズミに噛まれた者はネズミ男になる」という、いい大人が考えたとは思えない設定のもと、ノロノロとストーリーが進行します。いや、ゾンビ物だからもともとストーリーなんてないに等しいんだけど。しかしこのネズミ菌は最早説明不要で、ある意味便利ですね。ドブネズミに噛まれたら病気になるとか、ほぼ暗黙の了解じゃないですか。全世界共通です。宗教を絡めるより分かりやすくていい。蚊とかゴキブリとかもそうだけど、こういう、不潔な生物を媒介したゾンビホラーってもっと増えてもいいと思うんですが・・・なぜか一番多いのは「政府が生物兵器を作ろうとした」という話なんですよね。まあ、仕方ないのかな。ネズミとかゴキブリとか、生き物を使うのは難しいんだろうし。人間の指示に従ってくれないし。なので、CGでもなく人間でもなく、ネズミに演技させようとした所は素直に評価したいです。

まあそれは置いておいて、やはりこの気だるさはちょっと・・・しかも、妙に小洒落た雰囲気が鼻につきます。カラーバーを背景にして肉を貪るゾンビとか。パブでのシーンなんて、その最たるもの。怖いBGMなどナシ、パブロックがそのままゾンビ襲来に重なります。で、前述した通りのカメラのブレ。何なんだこのチャンポンなカオスは。

基板はZ級ホラーなので、その辺はタイトルから予め読み取った通りでした。もう少しポップで原色まみれな絵を期待したかったけど、暗い画面とカメラのブレはとうとう最後まで続きました。

レビュー投稿