「元祖!」て感じ

レザボア・ドッグスっぽいオープニングでツカミはOK!

出だしは監禁スリラー。悪ガキどもが、落とし穴に転落した女を発見。

とりあえず警察に通報しようとするも、その女が銀行強盗犯と判明しガキども、大金欲しさに女をそのまま監禁。金の在り処を吐かせようとする。観察欲とか、無邪気が出所でない分『ザ・チャイルド』よりは劣りますが、とんでもない悪ガキである事は間違いありません。

途中で憐憫の情を催すイイ子もいるけれど、3対2で分が悪い。仲間割れしつつも監禁を続ける。

そして、ゾンビ映画の要素が入りだす。計算高い悪ガキに似合わずゾンビの存在を夢に見て、女の傍でゾンビ精製の黒魔術を行う。ゾンビ映画(超低予算のB級)をそのまま真似する所が何だか可愛いですね。

で、ある日突然女が穴から消えている。当然怖がる子供達。ホラー映画ならではの轍をデフォルト通りなぞりながら、女再登場。本当はまだ生きているんだけど、儀式によってゾンビになってしまったのだと信じる子供達は、またしても映画通りの退治方法をとろうとする。「左目を通して、脳を刺すんだ!そしたら黒い脳みそが出てくる!」と必死になるガキども。やっぱり子供は子供なんだなあ。言葉はドス黒くても微笑ましい!

最後は、ゾンビ映画ファンにはやや嬉しいどんでん返しが。

伏線は十分すぎるほど張ってるので「やっぱり」て感じではあるんですが。

スプラッター・シーンは全くないけれど、80年代ホラーが好きな人には十分楽しめそうな気がします。

何かもう「元祖!」て感じ。最近はCGに頼りきりのダメホラーが多いから、たまにこういうのがあるとテンション上がりますね〜。

オリジナルな怖さ満点の映画

『クリスマス・テイル』

知名度はそれほど高くありませんが、とても見応えのある映画です。

B級映画なのかな??と、思って見始めましたが、良い意味で期待を裏切ってくれました。

ストーリーは、とある街の古井戸にサンタクロースの恰好をした女性が落ちてしまいます。

彼女は足に怪我を負い、自力で井戸から出られないのです。

それを発見したのが近所の子供たちです。

彼女が最近起こった銀行強盗の犯人と気づいた子供たちは、彼女を井戸から出さないことを決め、大人には見つからないようにします。

やがて、彼女は衰弱していき・・・死んでしまうのです。

そして、ここからが、この映画の面白さ。

子供たちは、彼女が死ぬ前に、面白半分で彼女にゾンビになるおまじないをしていたのです。

そんな彼女が死んでから、古井戸から彼女の姿が消え・・・子供たちは不安になり・・・彼女の復讐が始まるのです。

若干、一般的なゾンビのイメージとは違いますが、子供たちの陰湿な『恐ろしさ』が、とても強烈なインパクトがある映画です。

ホラー好きもそうですが、普通のホラーに見飽きた方にもおススメしたい一作ですね。

最近は俊足なゾンビ達が多いようですが、こちらはゆっくり、ゆっくりと近づいてくるサンタクロースが、不気味さを放っており、アクションなどを期待している方にはそぐわない作品かもしれません。

ストーリーが面白いのでお話し重視でも見れるし、グロテスクな場面も少ないので、ホラーが苦手な方でも見て頂けると思います。

レビュー投稿