親と子の完全なディスコミュニケーション

メディアを通してしか現実を捉えることが出来ない少年・ベニー。もちろん、メディアを通した現実が現実としてのリアリティを持っているはずもない。豚が屠殺される様子を映したビデオを繰り返し見続けているベニーは、ある日、街で出会った見知らぬ少女を、豚と同じようにスタンガンで殺してしまう。そして、その様子を収めたビデオを鑑賞する…。

と、この作品が作られたのは1992年で、インターネットが広く普及する前のこと。それ故、若干テーマは古くも感じられる。今だったら、メディアを語る際にインターネットは避けて通れないから。

が、この映画がすごいのは、生のリアリティを感じられない現代っ子・ベニーを描いているだけではなく、ベニーが殺人を犯したことを知った両親の対応も描かれているところ。

メディアが発展したことで、リアリティが希薄になったというメディア害悪論は散々言われ尽くしてきたけれど、この映画では、ベニーが殺人を通して「死」や「生」をリアルに感じられるかもしれない機会を、両親が奪ってしまっている。ベニーが少女を殺し、戸棚に死体を隠していることを知った両親は、ベニーを旅行に連れ出し、ベニーが旅行に行っている間に、死体をきれいサッパリ片付けてしまう。

最後のベニーの行動をどう解釈するか、意見が分かれるところかもしれないが、親と子の完全なディスコミュニケーションは、メディア批判というよりも、人間と人間が関係していく中で生や死という問題を回避してしまう弱さ、うわべだけを取り繕って、美しいものだけを見ようとする弱さを批判しているように思える。

かなり衝撃的な話

この「ベニーズ・ビデオ」は割と監督の初期の作品のようで、個人的にはさほど大きなインパクトは無かった(他のよりは、という意味)のですが、作風は既に完成されています。

何を考えているか分からない不気味な少年が、豚を屠殺する武器(頭に押し当ててバン!と撃つ筒みたいなの)で、知り合ったばかりの少女を殺してしまいます。

ビデオマニアな彼はその一部始終を撮影していて、その映像を両親に見せてしまいます。

驚いた両親はどうにかその犯罪を隠蔽しようとするのですが…。

本当に上記の話をひたすら淡々と描写していくだけです。

かなり衝撃的な話なんですが、決して過剰にならない展開に、逆に落ち着かなくなってしまいます。

両親の心情などは、自分勝手ながらも納得できるものですが、少年の心だけは全く不明のままです。

何故こうなったのか、何故そうするのか。

映画にするなら、最も重要視する部分のところを、あえて全く描いていません。

監督のインタビューでこの映画を作った動機が語られていますが、それを聞くと「あえてこうした」理由が分かります。

少年犯罪について、こうするべきとか、これが理由とか、そういった事を「まるで分かった風に」描くのではなく、ただその不可解さを描いて、観るものに何かを感じさせる。

これはこの監督の作品に一貫していると思います。

なんでもないシーンで、何故か強烈に緊張感が漂うのもこの監督ならではですね。

かと思うと、なんでもないと思って油断していたシーンで衝撃的なことが行われたり。

この突発性もお化け屋敷みたいです。

レビュー投稿