観てるだけでスッキリします

60%はエド・ゲイン。

あとの40%は社会風刺とオシャレです。

クリスチャン・ベールがとってもクールなクズ野郎を演じています。カッコイイ!

レザーフェイスよろしく、素っ裸でチェーンソーを振り回したり。

エクササイズしている横のテレビでは『悪魔のいけにえ』がバッチリ映っていたり。

ホラー映画ファンには垂涎モノのサービスです。

監督が『悪魔のいけにえ』ファンなのか、それともエド・ゲインフリークなのか分かりませんが、ほぼ全編を通してそれらを感じさせるシーンがあります。

スタイリッシュ、且つコミカルでテンポも良く、退屈しません。かなりいい映画だと思います。

残念だったのは、もし音楽に明るければ、もっと楽しめたであろう事。

サントラも、人気が高そうな感じです。

富裕層の消費生活(意地の張り合い)。

「自分より上等な名刺を持っているから」という理由だけで簡単に始末してしまうとは、まるで『シリアル・ママ』のべヴァリーのようです。

ブラウン管の中の、1人の無垢な殺人鬼。なぜ、こうも応援したくなるのか。

見目麗しき美人でなくても、ネット上で誰でもアイドルとして祭り上げられる時代。

「私の方がすごい」といくらでも自己主張できる時代。

パトリックの気持ちが分かる方も、沢山いるんじゃないでしょうか。

劣等感や焦燥感に悩まされている方、自分達に代わってパトリックにぶっ殺してもらいましょう。

観てるだけでスッキリしますよ。

オチはかなり有り勝ちですが、風刺映画ではオチの斬新さなんていらないと思います。

寧ろ、オチなんてなくてもいいくらいです。

レビュー投稿