見る者を選んでしまうという事実は否めない

ダリオ・アルジェントの魔女三部作の第二作に当たる作品。

ちなみに第一作は「サスペリア」。

色彩感覚は「サスペリア」を踏襲。

真っ赤です。真っ青です。

「サスペリア」の冒頭にあるタクシーシーンのパロディであるかのようなシーンも挟み込まれており、

「サスペリア」ファンは思わずニンマリ。

しかし、作品の出来としてはどうしても「サスペリア」に劣る。

なぜか。

まず第一に主人公にあまりに魅力がない。

やっぱりダリオ・アルジェントの作品は、可憐な少女がいたぶられてナンボ。

主人公のマークは髭面だし、間抜けだし、あまりにガッカリ。

唯一マークの友人であるサラが可愛くてよかった。

殺され方はマークの姉のローズが一番印象的でしたが。

第二に、「サスペリア」でも見られた〈恐怖のコラージュ〉とでもいう手法が、この「インフェルノ」ではさらに深化して採用されている点。

と言っても、アルジェントファンはそこに魅力を感じているでしょうから、これは一般的な批評眼に立った場合の欠点です。

正直、ストーリー意味分かりません。でも、それでいいんです。

ダリオ・アルジェントの作品を見終わった後で、ストーリーを振り返らないでください。

戦慄を感じたその感情に酔いしれてください!

それが、アルジェントの映画なのです。

しかし、それ故に見る者を選んでしまうという事実は否めないです。

ホットドッグ屋の親父やら、謎の首つり女性の映像、ハッキリ言って意味を求める必要はありません。

求めたら辛いだけです。諦めましょう。

レビュー投稿