イマイチ消化不良で終わってしまった

「奇形であること」のインパクトは、やはり強かったか・・・。

シリーズ1のリメイクと、リメイクではないが同シリーズの新作を観た後だと、そんな残念さを感じてしまう。

野蛮人がひたすらオノを振り回したり罠を仕掛けたりする、要は中身のないスラッシャー・ムービー。

映像の技術がまだ発達していなかっただろうし、金がなかっただろうし、この辺は仕方ない。

シンプルで良い、とポジティブに解釈する事も出来る。

無駄が省かれていてる点は非常によろしい。

しかし、問題はそこではない。イマイチ消化不良で終わってしまった。

それは何故なのか。

㈰前作のキーマンとなる、野蛮人一家の妹を出しているにも関わらず、そこを大してイジらずに最後まで進んでしまう。

㈪今回の被害者はただの「アホな学生グループ」である。次々と殺されていくのはいいのだが、前作と比べて怒りと悲しみの連鎖反応が起きづらい。かと言ってジェイソンのように怪力でぶっちぎるわけでもなし。

㈫前作の映像を使いすぎ。ここまで寄りかかってしまっては、萎える。

㈬というわけで、前作を超える事は勿論出来ていないし、ましてやリメイクに追い越されてしまった感がある。

ヒルズ・ハブ・アイズのシリーズの中では(今の所)一番の駄作です。

しかし、荒野で野蛮人と殺し合いをする、という設定は健在なので、男臭い映画が好きな人にはいいんじゃないでしょうか。

出来ればシリーズ1からちゃんと観た方がいいです。

完全に続き物なんで。ていうか、1の復習と言ってもいいくらいなんで。

レビュー投稿