最後まで食い入るように観てしまいました

湾岸地区の哀愁みたいなのがキッカケになって、あとは同監督の『回路』とか『CURE』と同じような展開になっていく感じでした。“蔓延”していく感じとかが。

『回路』とくらべて幽霊の描写にかなり攻めの姿勢で挑んでいる印象を受けました。極力人間と大差なく映されているんですけど、飛んだりとかもするっていう。「いろいろやってみようや!」っていう感じだったのかな。

伊原剛志のくだりもそういう姿勢の現れのひとつかなと思うんですけど、個人的にはあれはドラゴンボールへのオマージュなんだと勝手に思っています。後ろをみたらいなくて、「しまった!上かッ!」ってやつ。あれを幽霊でやってみたということなんじゃないかと。

話がそんなにおもしろいわけではないし、際立っていいショットがあるという印象もそんなになかったんですけど、なぜか最後まで食い入るように観てしまいました。

でも、コニタンのラストカットを観てから振り返ってみると意外と興味深い話だったりもするし、あとは「役所広司が関わった死体は本当はどれ?」っていう、一発で「本当はお前が赤い女を殺したんだろ」っていうオチに至れる経路になってなくて良かったです。そもそも「本物の赤い女は誰?」っていうのがありますし。

そういうのがあるから最後まで飽きずに観られたというのはあるかも分かりません。

この監督はいい加減役所広司ばかりなのでうんざりもするのですが、他の作品を観たくなってしまうのでやっぱり黒沢清監督はスゴイなあと思ってしまいますね

本当に凄い

もの凄く頭の良い人間が映画という表現を手に入れ、尚かつ人間の恐怖心や心理なんかを題材に映画を作るので、とにかく面白い。人間の孤独感から来る憎悪と、愛の持つ寛大さ、これを“心霊”という表現で描くという並外れたセンス、これは相当な捻くれ感がないと考えつかない発想であって、本当に凄いですね。そして、映画が好きな事がヒシヒシと伝わるのも好感が持てる。

この映画には、オチの要素もあるのですが、それまでに“展開”や“人物”が物語の中にしっかり存在しているので、オチが売りのクソ映画になってないのも良いし、この監督に共通して言える事があって、とにかく“映像化”するんですよね。この監督に見せない事の妙なんて言う言葉はなくて、どんな非現実的な事でも、とにかく観客に見せる。

むしろ非現実的であればあるほど、それに反発するかのように映像化する。それはドラマではやっていない、映画にしか出来ない要素の一つなような気がします。カメラなんかも有り得ないぐらい引きのカットのオンパレードで、人気役者のアップで視聴率も取ろうとするドラマと正反対の事をやってて最高ですね。

だからたまにあるアップがかなり生きてくる。もはや使い所を熟知しているとしか言いようがなくて私は好きなんですが、ただ、ネットのレビューの評価が奮わない理由もよくわかります。それはホラー映画として見るからです。なんせ霊と喋っていますからね、ホラー映画にしては見せすぎなんですよ。

レビュー投稿