懐かしさ、感動、冒険、すべて詰まったホラー映画

私がお勧めするのは「学校の怪談」です。
夏休みに入るとテレビでも再放送されているので観た事がある方も多いかと思います。
私はどちらかというとホラー映画が苦手なのですが、問題なく見れて楽しめる唯一のホラー映画が学校の怪談です。
映画の原作は常光徹さんのの小説『学校の怪談』です。
内容は、シリーズ通して夏休みの少年と少女が学校で妖怪やお化けに出会う映画です。
夏休みに入る直前、とある少女が忘れ物を取りに学校行くと不思議な体験とともに行方不明になります。
その子を探して友人達が学校へ探しにいくのですが、そこに待っていたのは学校の妖怪たちです
逃げるにも脱出不可能となった子供たちは勇気を振り絞り女の子を探して無事学校から逃げれるのか!?
そんなストールーですが、ただ怖いだけでないのが魅力です。
誰しも経験のある子供時代特有のやりとり、会話、雰囲気などがとても哀愁を誘います。
特に学校のトイレや理科室など、昔はみんな怖かった場所の有名なお化けがでてくるところは感動に近いものがあります。
この映画のすごいところは、何歳になってもその歳特有の面白さがあることです。
私は小学生の頃に劇場で見た時は泣き出すぐらいこわかったです。
登場人物の子たちと同い年なのも重なり、物語に吸い込まれ、花子さんやテケテケなど自分の学校にも出てきそうで信じ込んでいました。
しかし、大人になってみると、今度は怖さよりも懐かしさ、子供の頃を思い出せる映画として見れるようになりました。
学校の怪談はシリーズ化しており、4まで製作されています。
是非、お子さんがいるかたは一緒にあの頃に戻った気持ちで見てみてはいかがでしょうか?

トラウマにならない

当時、劇場で観賞し、このシリーズに魅了されていましたが、今観ると子供騙しですね。というより、怖さの部分では子供のトラウマにならない程度に抑えているので、怖くもなんともありません。
ただ時代を映画にしていますね。この当時の子供達は何故こんなにクリエイティブなんですかね。劇中でもうわさ話が交錯していく事を象徴するシーンがあって、話は反れて僕の話なんですが、当時学校の教師が一人亡くなって、ちょっと校舎に顔のようなシミが出来ただけで、死んだ先生が帰って来たみたいな事言い出すんですよね子供は。やはりそれだけ子供は大人と見る視点も発想力も全然違う訳で、その発想力を真実になったらという切り口の映画なので、当然子供は観たいはずで、現に興行的にはヒットしてます。
映画的には微妙ですね。ただのネタ見せ映画のわりには、そのネタに面白みを感じない。何故ならそれは、上記で記述した通り、トラウマにならないように化け物の怖さを無くしている所ですね。正直テケテケなんかもあんな猿みたいな物じゃないですからね。
確か本来は電車に轢かれた少女かなにかで、上半身しかなくて手でテケテケテケとしか移動出来ないからテケテケであって、そんな化け物に子供達が追いかけられたら、まだ大人も楽しめたかもしれないんですけどね。ホラーとして観るには怖くないし、ホラーコメディとして観るには笑えない。結局甘くして全部失敗しています。
ただ、たまにある小学校っぽさは良いですね。男子はやたらと女子にちょっかいをかけるし、成長期が早い為に女子が男子より大きい。夏休みや通信簿がどうやらと、随所に小学生の頃を思い出す事が出来る。そこは良いんじゃないですか。
結局、あの頃を懐かしむ為の映画という位置づけしか出来ないですね。
今の子供はDSやwiiばっかりやって、完全に消費者側ですが、この世代が大人になったらどうなるんでしょうか、それはそれで見物です。

レビュー投稿