老人が黒猫を使って殺人を行う話

『サンゲリア』でお馴染みのフルチ監督の作品。『サンゲリア』もそんなに面白くはなかったけれど、こちらはもっと面白くない。

催眠術ができる老人が黒猫を使って殺人を行う話。

ポーの『黒猫』にインスパイアされて撮ったらしいけれど、どこがやねん!しょっぱなから黒猫が人をどんどん殺していく。つっても、運転中のドライバーに飛びかかって事故を引き起こしたり、高いところに追い詰めて墜落死(しかも串刺し)させたり、火事を起こして火だるまにさせたり、猫にしてはすごいけれど、大した殺し方ではない。そして、猫故にそんなに恐くない。凶器は鋭利な爪のみ!(まあ、相当鋭利だけどな★)うちの近所の野良猫レベル。単なる地域猫。あれ、ポーの『黒猫』ってこんな話だったっけ?

実はこの猫を操っている黒幕がいるんだけれども、これ以上はネタバレになるのでやめておきます。見る気がある人はどうぞ見て下さい。私は1度目は15分で完落ち、2度目は10分、3度目でやっと見られましたよ。心身共に健康な日を選んでごらん下さい。

けなすばかりもアレなんで良い所もあげておくと、個人的に一番の見所は火だるまシーン。皮膚がただれていくところを執拗に映している。『サンゲリア』の目ん玉貫通をこれでもかとアップで映したフルチならでは。もうちょっと猫をうまく演技させられれば全体的にクオリティ上がっただろうにな。

小部屋に閉じこめられてじわじわ死に至るカップルのシーンもわりと好きです。

レビュー投稿