ゾンビ 米国劇場公開版

ゾンビ 米国劇場公開版はすごい

ゾンビ・ホラー。原題は「Dawn of the Dead」。ゾンビものの古典としてかなり有名であり、何度もリメイクやパロディ化されている。ちなみに漫画家荒木飛呂彦は、一番好きなホラー映画にこの作品を挙げている。
このゆるいB級映画が、なぜそこまで評価されているのかというと、ゾンビのイメージを決定的にした、というのが一番の理由であるらしい。ゾンビは群れていて、無個性で、知能が低く、ゆっくり動く。そしてゾンビに噛まれると、噛まれた人間も感染してゾンビになる。と、まあこんな感じなわけだが、ゾンビは他のホラー作品に出てくる怪物とは違って、一対一なら人間でも勝てるのである。よってホラー映画としては少し緊張感に欠ける。しかし、そのゆるさが観客にとっては癒しとなり、他のジャンルにはない独特の味わいを醸し出す。ノロノロ歩くゾンビがエスカレーターでつまずいてるところなんかを見ると、ゾンビがいとおしくさえ思えてくるのである。
そして、ゾンビのキャラクター性とは別に、この映画でもう一つ癒しの要素となっているのが、舞台のショッピングセンターである。
主人公たちは、ゾンビから逃げるために、ショッピングセンターに逃げ込む。そこには食料も武器もいっぱいあり、主人公たちは実に楽しそうに戦う。
そこでかかるBGMなんかも、もはや癒し以外の何物でもないのである。
ここまで言っていいのかとは思うが、この映画はストーリーに集中して観る必要すらないのではないだろうか。なにか家で作業するときに、テレビにこの映画をつけているだけでいい。間違いなく癒しを与えてくれるだろうし、やはりクセになる。
と、ここまでは癒しの部分だけを強調して書いたのだが、一つだけグッと来るシーンがあったのを追記しておく。
ゾンビに噛まれた男が、自分がこれからゾンビになるのを理解し、自分がゾンビになったら殺してくれと仲間に頼むシーン。ゾンビになった自分が仲間を襲うことを怖れる男の気持ちも悲しいし、それを撃たなければならない仲間の気持ちもやはり悲しい。そして、画面は別の仲間がいる隣の部屋に移って、彼らは銃声だけで隣でなにが起こったのかを理解する。この演出が実に良い。この映画で唯一、グッときたシーンである。

ゾンビ映画の大傑作

ジョージ・A・ロメロの傑作「ゾンビ」です。
日本で公開された時はダリオ・アルジェントの編集バージョンでしたが、後にジョージ・A・ロメロの完全版が出されました。
突如死体が蘇るという原因不明の出来事にアメリカは崩壊の危機にありました。人を食うゾンビに逃げる人間。ゾンビを撃ち殺すスワット隊員。テレビで対策を話す科学者。
この設定から物語りは始まります。そして一緒に逃亡することになったスワット隊員二人と恋人同士二人の合計4人のゾンビからの逃亡の話です。
この作品以前にゾンビ映画はありましたが、基本が墓場から蘇り、人間を襲うというパターンで、いわゆる完全なホラー映画お決まりの設定でした。
この「ゾンビ」という作品は、ゾンビVS人間のアクション要素も大きく取り入れています。特に廃墟となったショッピングセンターの中に潜入しありふれる商品の中で生活をするシーン
は最高です。しかしながら、このショッピングセンターがゾンビ狩をしながら略奪を繰り返す暴走族グループの標的にされるという皮肉な面もあります。
またこの作品ではトム・サビーニが特殊メイクで今までに無い強烈なシーンを表現し、観客の度肝を抜きました。最後は行く先の見えないエンディングでした。
この作品が現在のゾンビ映画の基礎になっているといっても過言ではありません。
私が今でも思い出されるシーンは、前半にある一般市民の銃によるゾンビ狩りのシーン。後半にはいるとショッピングセンター内での贅沢三昧の生活シーンなど。実際にこんなことが
起きたら、誰もやりたいだろうな?と思えるシーンです。
公開当時はゲテモノ映画的に評されていましたが、この映画は間違いなく名作です。

レビュー投稿