オフィスビルが舞台のホラー

一つのビルで起こる、都市伝説のようなホラー映画なのですが、中には三つのエピソードが含まれています。

少なくとも、主人公は前半と後半で二人ずついる・・・と言って構いません。

前半はそのオフィスに勤める女性で、実際に死んでいく人たちを目の当たりにする話。

後半はその女性の友人(?)であり、バイトとして採用された男性が、そのオフィスに勤める女性に恋をし、女性を狙う幽霊(?)から守ろうとする話。

その間にコミカルなおじさん(笑)の話が挿入されるといった感じです。

前半はかなり面白いのですが、後半でいきなりつまらなくなってしまいました。

前半だけを引き伸ばして、一本の映画にしても良かったのではないでしょうか。

勿論、そうなるとラストのオチは何も解明されませんけども(苦笑)。

オチは一番最後の最後に一気に発表(not解明)されるので、その唐突な終わりっぷりにも驚かされます。

う〜ん、マジで後半が勿体無い。

間のコミカル話は、ちょっと感動要素も入っていますが、正統派のホラーでいくつもりならいらない話でしたね。

作り手側もそれくらいはわかっているでしょうから、最初からB級を狙った作品ということなのでしょうか。

その割に死体とかは、そこそこグロいというのだから、よくわかりません。

私自身はオチを予想することはできませんでしたし、それなりに面白いオチだったとは思うのですが、後半のグダグダした模様をずっと見せられた後だったので、その興奮も薄れてしまいました。

オフィスビルが舞台のホラーは、なかなか無いような気がします。

レビュー投稿