肩こらずに非常に観やすい

かつて人類を脅かしたヴァンパイアだったが、教会が生み出した人間兵器のプリーストたちの活躍によって、そのほとんどが駆逐された世界。

プリーストの中でも最強であったポール・ベタニーの兄夫婦がヴァンパイアに襲われ、姪がさらわれたことを知ったベタニーは、教会の裁定を無視してシティを飛びだし捜索を開始する。

なんといっても、主役のプリーストが終始、活躍してそうでしていないのが気になりますねえ。

強いのかどうか、よく分かりません。

ヴァンパイアや感染者と戦う場面はありますが、どれも弱い部類だと自分で言っちゃうほどの相手なので、その強さを測るには相手が役不足。

やっとこさ、敵の大将であるブラックハット(カール・アーバン)との戦いになるのですが、ほとんどやられっぱなしです。

結局、最後を決めるのもマギーQだったりするし・・・。

大体にして、ポール・ベタニー自体があんまり強そうには見えないルックスなのが問題です。

カール・アーバンには逆立ちしても敵いそうにありません。

とは言うものの、良い点も色々あります。

まず、意外とCGとかの出来が悪くないので、ショボさを感じません。

シティーや街での絵づらには重厚感があるし、荒廃した砂漠も巨大な像がたっていたりして、世界感の表現に工夫がみられて良いと思いました。

あと、小道具も良いですね。プリーストの使用する武器とか。

ソーラーパネルで充電するバイクもツボにハマリました。

電気が原動力なのにニトロ搭載とか、なんだかよく分からないけれど最高ですね。

尺も90分弱と、肩こらずに非常に観やすいです。

レビュー投稿