ミッドナイト・ミート・トレイン

手堅くまとめてきた感じ

「あずみ」「ゴジラ ファイナルウォーズ」の、世界の北村・ナパーム・龍平がハリウッドで撮った血みどろホラー。

何故か日本未公開。

北村監督というと、ケレン味たっぷりでアクション映画を撮るイメージがあるけど、これは手堅くまとめてきた感じ。

北村監督らしいクライマックスの対決シーン(360度カメラがぐるぐる回る〜みたいな)もあるけど、全体的にはこじんまりとしています。

途中、三人のニューヨーカーが屠殺人に襲われる場面は割とエグかったけど。トンカチで頭叩いたら目の玉ポーンみたいな!

クライヴ・バーカーの有名なホラー短編が原作なんだけど、カメラマンのレオンが怪しい地下鉄に乗っている、これまた怪しい屠殺人(X-MENのジャガーノートやってたひと。今回台詞は一言だけ)を追っかけていると、ついに虐殺現場に遭遇!

恋人のマヤと友人のジャーギスも巻き込まれ、もう大変なことになり、ラストは「まさかこうなるのかな?」と思っていたら、そのままの展開で笑っちゃった。

恋人と友人は本当に気の毒なことになってしまうわけですが、スプラッター度は高いですなあ!とにかく地下鉄が血でいっぱいです。

それにしても、なんであんな虐殺が行われているのか説明不足。

どうやらNYの地下に食人鬼みたいなのがたくさん住んでいるらしいんだけど。なんだか都市伝説ものっぽい。

ラストが冒頭につながっているのは、ちょっと面白かった。

最近、北村龍平のナパーム具合が分からないんだけど元気にしているのだろうか?

サービス精神に溢れていて素晴らしい

真夜中の人肉列車、出発進行!

この映画に出てくる殺人鬼は、電車に乗るのも大好きだし、人を惨殺するのも大好きな男性です。

この原作は、実は学生時代に読んだことがあります。

クライヴ・パーカーの「血の本1」に収められた短編ホラー小説です。

当時はとにかく怖いホラーが読みたいと思って、この本に出会いました。

実際怖かったかというと、そういうわけでもなかったような気がします。

ただ、他の短編の内容はすっかり忘れてしまったのに、この話だけはずっと忘れませんでした。

今回映画版を観てみて、実にうまく原作を膨らませている事に感心しました。

基本の部分には忠実に、しかしドラマとして厚みが出るように主人公の設定を変更しています。

このお蔭で、ずいぶん話にサスペンス性が生まれていると思います。

スプラッターシーンの迫力はかなりのもので、とにかくパワフルでケレン味が効いています。

カメラワークが異常に凝っていて、それが非常に特徴的でした。

気持ち悪いところはすべてお見せしましょう!という悪趣味なサービス精神に溢れていて素晴らしいです。

最後のオチも基本は一緒で、映画版の終わり方もかなり良かったですが、個人的には原作の妙に美しく静謐な終わり方をやって欲しかったです。

でも、この原作を映像化するという試みではこれ以上ないほど見事に成し遂げたと思います。

北村監督の映画はこれが初めてでしたが、今後もハリウッドでパワフルな作品をたくさん撮って欲しいものです。

スプラッタ描写全開

原作と同様にスプラッタ描写全開なのはそこそこ期待通り。お肉になった人間の解体の描写なんかは飯時にはあんまり思い出したくない。なのですが、ところどころCG処理がまる分かりの部分が多いのはちょっと生々しさに欠けるかも。飛び散る血飛沫なんかはCGだとやっぱりリアリティ半減しちゃうね。血だまりにくっきり顔が映るのも凄く違和感が。ってどんだけ血に拘りあるの私。

�前任者″マホガニー(ヴィニー・ジョーンズ)さんのメイン武器はハンマーなのですが、ハンマーで殴って首が千切れるってのはあんまり観ない描写。これあり得る話なんだろか。

原作で一番怖いと思ったのは、知らないところで脈々と続いてる闇世界と人間の繋がりの部分。しかしストーリー上必要だったとはいえ、お肉にされちゃった人の失踪の記事が新聞に出ちゃうのはどうなんだろね。こういうのって誰にも知られず処理するか、新聞社に掲載不可の圧力かけるのが闇組織だと思うんだけど。わざわざ地下鉄走らせたりして結構コストかかってるのに。

そいえばお肉の解体シーンは歯抜いたり眼球くりぬいたり爪剥がしたり髪の毛刈ったりと色々忙しいんだけど、あれって父祖どもがいちいち注文つけてるんだろうか。確かにその辺あると食べにくい気はするが。

キャストは知らない人ばっかりだなー…と思ってたら唐突にブルック・シールズが登場。あとどこに出てたかわからないけどテッド・ライミってサム・ライミ監督の弟なのね。また一つ無駄な知識をゲット。マホガニー役のヴィニー・ジョーンズはなかなか凄味が効いててよかったと思います。

レビュー投稿