ウェス・クレイヴン’s カースド

遊び心は過剰なほどあるけど作りがしっかりしている

ウェス・クレイヴンといえばブギーマン、ジェイソンと並ぶモンスターを輩出した『エルム街の悪夢』や、ホラー映画のセオリーを踏襲しながらシニカルに仕上げた『スクリーム』が有名だけど、ほとんどの作品はティーン向けのポップコーンムービーでいつも根っこの部分は変わらない。

この人はティーン向けと決めつけてしまったが大人が見るとさらに楽しめることができる。それは30年以上活躍しているのでこの人を見て育った方もいるだろうからということもあるけど、それ以外にもひとつひとつのディテールが丁寧だからだ。『スクリーム』もホラーの定説を守りながらエスプリを効かせていたし、今回も人狼の話なんだけど、狼男の設定を忠実に守っている。遊び心は過剰なほどあるけど作りがしっかりしているので破綻することは少ないように思える。

出演者もクリスティーナ・リッチ(エキセントリックなベッキーに見えるのは私だけか。いやベッキー自体エキセントリックだけど)や、いつも童貞臭を撒き散らした早口男ジェシー・アイゼンバーグが出ていたりちょっと豪華なんだけど、Wikipediaを見る限りコケたみたいだね。Rotten Tomatoesに至っては17%というあまり見られない数字で世間的には評価が低いのかもしれないが私は大好きだし、口コミサイトと自分の指数が一致しないことは誇りにしたい。みんなが好きな作品よりひとつの作品を何度も見たくなるものをこれからも探し続けていきたい。これはそういう作品だ。

よくあるB級ホラー映画に落ち着いてしまった

うーん、ウェス・クレイヴン好きなんですけどね…これは割と分りやすい失敗作だなぁ。

何より脚本がまずい。これ本当にケヴィン・ウィリアムソン?ってくらいのキレのなさ。所々に見られる古典映画のパロディとか、死亡フラグのお約束さとか、いじめっ子の後半でのキャラ崩壊っぷりとか、個々でちょっと面白いところはあるにせよ、全体に漂う話の方向性の見えなさぶりが半端じゃない。『スクリーム』や『鬼教師ミセス・ティングル』なんかは、ちゃんと映画の目指すところが見えていた(先が読めるということではない)からちゃんと話の推進力があったんだけど、これはちょっとねぇ…終わって数秒後に内容を忘れる、よくあるB級ホラー映画に落ち着いてしまった印象。

あとやっぱりちっとも怖くないですね。ホラー的に気合入ってたであろう駐車場のシーンですらアレじゃあそりゃ落胆するよ。カメラワークは相変わらず凝ってるんだけど、今回はワイヤーアクションみたいな「吹っ飛び」が過剰すぎて何がなんだかよく分かんないシーンも多数。これもかなりマイナスポイント。

そして個人的に、狼男の造形がイクナイ。チープさ満載なのはまぁお約束だから良いとして、なんでCGにするかなぁ。

ウェス・クレイヴンが狼男映画を撮る!ってことで期待したぶん、がっかり度は相当なものでした。撮影が相当難航してかなり不本意な出来になったであろうことは同情するけど、いくらなんでもこれじゃせっかくのウェアウルフが泣いているよ。

レビュー投稿