B級ホラー・コメディ。

富士の樹海にUFOが墜落した衝撃で、樹海に眠る死者たちがゾンビとなって甦りだす。
演習中の自衛隊、イメージビデオ撮影中のアイドルとそのスタッフ、邪魔者をバラしにきたヤクザたち、樹海でペンションを経営する不倫カップルらが、ペンションに篭城して群れなすゾンビと戦うB級ホラー・コメディ。
まずオープニングで中身のない右翼のアジみたいなナレーションが垂れ流され、そこでドン引き(一応伏線だったんだけど)。
しまった、ハズレかー。とちょっと後悔するが、物語は非情にバカバカしくもテンポよく進行し、76分という短さもあって退屈せずに楽しめた。
低予算映画のわりにゾンビメイクや内蔵・脳みその飛び出るグロ描写はがんばっていて、予想外にクオリティ高し。
妊婦ゾンビから生まれる胎児ゾンビ(武器はへその緒。動きめっちゃ速い!……が、見た目は安っぽい子どもの人形)はバカバカしくも斬新。
自衛官がゾンビ化しても生前の仲間を見るとちゃんと敬礼したり、ゾンビ化したヘアメイクさんがアイドルを襲いながらもきちんと髪を梳かしてあげてたりと、お前ら仕事熱心だな! 見習いたいわ!!
主な舞台となるペンションも、たぶん物件借りててクリーニング代節約したいのか、床が汚れないようビニール敷いてて不自然すぎw
しょぼすぎる宇宙人や、予想はしてたがブッ飛んだ終盤のバカ展開にも笑いがとまらない。
このほかにもペンションのなかに散弾銃や日本刀がゴロゴロあったりと、もうツッコミどころ満載!
ロメロ『ゾンビ』のオマージュらしいシーンもあるんだが、無数のゾンビに内蔵むしられながらも主人公の隠された秘密を説明してくれるメガネ自衛官に涙w
キャストはみんなマイナーかつ当然にように演技ヘタ。
一番有名で、観れる演技してるのがみひろってw
自己中で小悪魔ビッチなアイドル(当然お色気担当)を演じるみひろがハマリ役だったのと、主人公の女性自衛官を演じる渡瀬美遊がかなりカッコ可愛かったのが○!
ロメロ映画が内包していた社会諷刺や極限状況下のディープな人間ドラマこそないものの、グロ・エロ・笑い、と個人的にゾンビ映画に求める要素が3拍子そろってて、気楽に楽しめる低予算ゾンビ映画だった。

こういう考え無しなのって素晴しい

あのね、UFOが樹海に落っこちて緑色の光線が付近に降り注いだせいで死体が生き返るんだけど、こういう考え無しなのって素晴しいと思うんですよ。

整合性とかリアリティとかブツクサ言ってないで取り敢えずゾンビ出しましょう、話はそれからって感じで、ここ日本なんだし。

一応リアリティだってありますよ、ゾンビ出すには死体が沢山必要だから、富士の樹海なら放置された死体をいっぱい期待できるでしょ。

それと自衛隊が闘うなんて、極めて自然な成り行きじゃないですか。

物語の謎として、樹海の何処かにあると云われている太平洋戦争の英霊の木乃伊と、主人公の女性自衛官は自覚無いけど秘密裏に作られたサイボーグであるという話が飛び出して来ますが、そこもあんまり考え込まないで下さい。とにかく、クライマックスで将校の亡霊とサイボーグ兵士が戦うんです、将校ゾンビも死ぬ時に大爆発します。

でね、話が横道行くけど、戦争の遺物とも云うべき存在(ゾンビのボス)が駄目で平和ボケな日本人を襲いまくって、それと国防兵器が戦うってのは、あれですね、これは本質的な意味での「ゴジラ対メカゴジラ」とも言えなくも無くも無いってのはどうだ?だってクロージング・テーマはどことなく伊福部マーチだったよ。

普通に見る分にはホラー映画のパロディが山ほどあるので、そういうの好きな人は楽しいですね。

劇中の「普段、ファンを食い物にしているプチアイドルが、ゾンビになったファン達に喰われる」ってのは秀逸だと思います。

グロ描写はかなり良い

"知り合いから「くそですが」と言われて貸して頂いた本作

個人的には「教育テレビのオープニング」みたいなUFO登場シーンで始まって1分弱で「ホントにくそだ」と思いました、が、一応借りたやつなので最後まで観ましたら、あら不思議、意外には「そんなにくそじゃなかったな」という感想。

確かに「くそ」な部分が大部分。

まず出演者全員の演技が面白いくらいイモ。

まるでわざとイモを集めたかのようにイモ大収穫祭り。

みひろの演技が一番マシ、て、どうなの。

緊迫感も皆無。

ひたすらグダグダ。

しかしこの手の映画の楽しみである突込み所が満載。

挙げたらキリが無いくらい突込み所だらけで段々楽しくなってくる。

現場を汚さないように床にはビニールがビッシリ。

壁には厚紙でコーティング。

それがバレバレなのに良しとする心意気。ある意味凄い。

最後の殺陣が早送り。

いきなり出てくるかわいい宇宙人

意味がわかりません。

しかし個人的にはグロ描写はかなり良いと思った。

脳みそはタラの白子なんだね。メイキングは結構楽しいです。

そしてロメロのゾンビ作品まんまのシーンや、死霊のはらわた、恐らくブレインデッド、そんな過去の作品へのオマージュ的なシーンが結構あり、ホラー/ゾンビ映画好きはそういう所を見付ける楽しみもあります。

わざわざそういうシーンにしたくて意味不明な展開なんだろなと思うとまた心意気を感じます。

はっきり言って、どうでもいい作品なんですが、細かく観たらちょこちょこ楽しめるかもしれないが、素人が観たら酷くゲンナリする迷作。"

レビュー投稿