当時の最新のSFXで見せる狼男映画

ファンストーカーに狙われたTVの女性キャスター。

襲われたショックで、仕事も私生活も普通に送れなくなった彼女は夫と一緒に、田舎の療養地に。

しかし、そこは狼人間の集落だった…。

というシンプルな話をジョー・ダンテのしっかりした演出と、当時の最新のSFXで見せる狼男映画。

ジョー・ダンテの映画って面白いのに、なぜか、あまり売れてないようなイメージ。

この映画も抜群に面白い。

モンスターメインの話にしては、なかなか狼男が出てこないけど、それまでそんなにダレる事無く(ちょっと眠くもなるが)見せてくれるし。

直接、狼男の被害にあうのも、二人しかいないけど。

「狼男、スゲッ!」

って思わせるのは、やっぱり、公開当時から話題になったSFXの迫力だろう。

人間の顔と体が、少しずつ狼男に変身していくのがきっちり表現されてて、今、見ても迫力は損なわれてないし、逆にCGには無い生々しさが良い感じ。

CGは別にCGだろと思うだけだけど、こうゆう良く出来た特撮は、どうやって撮ったか想像力が刺激される(別にCGが嫌いなわけじゃない)

顔の中がモコモコ異常に動き、口角が吊り上がって、全身の体毛が伸び、顎が尽き出て…。

こんなメイクを21歳の若者が手がけたってのは素直にビックリ。

ロブ・ボーティン(最近はボッティン表記が主みたい)は、後に「遊星からの物体X」(今では出来ないよい邦題)でも、ニュルニュルニョロニョロドバババーッで、楽しませてくれたSFX界の麒麟児。

ペーソスなオチも印象的。

最後のハンバーグだけはマズそうでイヤだけど。

レビュー投稿