ゾンビ大陸 アフリカン

スローライフなゾンビ達

最近は腐ってるのに活きのいいゾンビが出てくる映画も多いんですが、本作に登場するのは原点回帰のスローライフなゾンビ達。重苦しくじわじわ真綿で首を絞めてくるような恐怖感。正統派のゾンビホラーが好きならきっと御眼鏡に叶うのではないでしょうか。
加えてゾンビ映画史上初?かどうかわからないけど、舞台をアフリカの荒野や砂漠に設定してるのも面白いね。過酷な自然が更に脅威となります。水も食料も弾薬もない。車も直ぐに壊れちゃう。これだけでもベリーハードモードです。眠ることもできないですよ。
VFXもなかなか頑張ってます。開幕登場する足がアカンことになってるゾンビで、まず「おっ?」となりますね。本作のゾンビのチャームポイントは、ちっちゃく収縮した黒目です。そしてゾンビ映画でかなり重要な「お食事」のシーンも申し分なし。しかし暑いから直ぐに傷むだろうし臭いとか大変そうだなぁ。
強いて苦言を言うなら、若干「それ要る?」っていう描写が多い気がする点。例えば、ブライアンがゾンビに噛まれた母親から赤ちゃんを受け取るシーン。この赤ちゃんも結局直ぐに他の人に預けちゃうしね。ドラマの一つとしては面白いんだけど、本作の流れの中では蛇足だと思いました。
あと、せっかくゾンビの襲来が把握できるトラップ用意したんだから二人とも寝ちゃダメだろ!ってのは思わず声に出して突っ込んじゃいましたね。
まあ疲れてたんだね二人とも。
ラストもちょっと賛否両論分かれるかな~。絶望の中に一筋の光の見える結末なのですが、確かにご都合主義な気はする。
それでもゾンビ映画を愛してやまない人にはバッチリオススメできる内容です。何か一つ輝くものがあれば、それだけで十分鑑賞の価値ありですね。きっと記憶に残るゾンビ映画になると思います。

ロメロを彷彿させる原点回帰のような作品

正統派ゾンビ映画。最近のゾンビ映画は、ゾンビになったにも関わらず自我を持ち恋する乙女に会いに行くものや、死んだはずなのに突然蘇り悪い奴らを処刑して血肉を貪るものなど、いろいろなテイストのものが作られ一括りにゾンビ映画といえないほど実に多岐に渡るジャンルがある。そんな中、この『ゾンビ大陸 アフリカン』は死者が蘇りパンデミックが如くゾンビが大量発生してしまった大地からの脱出という非常にシンプルな作風でロメロを彷彿させる原点回帰のような作品だ。

エンターテイメントや笑いにはしらずにシリアスな作品なだけに緩やかなテンポだけど、その緩やかさがアフリカの大自然の空気に驚くほど合っている。真っ赤な夕日をバックに摺り足で寄ってくるゾンビの映像は数あるゾンビ映画の中でもとりわけ美しい画のひとつだろう。

ひとつひとつのつくりが非常に丁寧で緩やかなテンポに寄り添うように塵が徐々に積み重なり絶望が大きくなってくるけどわずかな希望に胸がすく想い。ゾンビ映画で泣くなんて考えてもみなかった。

エンドクレジットでキャストやクルーはもちろん、死体やゾンビといったエキストラの方もきちんとクレジットされていてなんだかほっこりした。みんなで作り上げた映画なんだということがよくわかる。

そんな想いとは裏腹にこんなB級感丸出しの邦題を付けたスタッフは何を考えているのか。原題の『THE DEAD』がシンプルで非常にいいタイトルなだけに残念で仕方ない。

レビュー投稿