一言で言うと嫌な感じの映画

一言で言うと嫌な感じの映画。

プロローグの死体を片付けるシーンが既に不穏。

始まってから25分くらいは海外に来た男子学生がやりガチなエロ巡りを見せる、いわば楽しい導入部分である。プロローグのことなんてスッカリ忘れさせてくれる。

風俗小屋のセットも見ていて、それっぽく思えたし、そこではしゃぐ主人公達と、そのやりとりもそれっぽく楽しかった。

そしてなんだか親切だけど、道を踏み外した感のある鼻のでかいエロそうな男の登場である。ここでもまだ物語を動かさず、彼に「もっとスゴイ場所」を紹介してもらいスロバキアの田舎町へ出発する。この男の普通じゃない感じは普段なら、避けて通るんだけど、主人公達は普段じゃできない経験をしたいというテンションの旅行により、コイツの提案に乗っかるのである。その辺の舞台へのもって行き方がとても上手い。

そしてそのテンションのまま、パラダイスにやってきた主人公達は女とヤリタイ放題。まさに男の夢。

着いた瞬間に「一緒にスパ行こうよ」とドイツ系の女に誘われ、その先はおっぱい天国である。まさに男の夢。

そしてそこから落とされる。幸せな時間から目を覚ますとそこは地獄でした。あの外科医になれなかったのオッサンは映画至上最悪のサディストである。主人公と見せたあの心のつながりはなんだったのか。娘が大切とはなんだったのか。

「僕はね。外科医になりたかったんだよ。でもね。これが理由でなれなかったんだよ」

最悪である。そして主人公を痛みの世界へいざなうのである。このシーンが一番嫌なシーンだったなぁ。

俺の命は、この町で買われたらしい

バックパーカーの主人公たちはヨーロッパ諸国を渡り歩きながらも退屈を持て余していた。刺激を求めるにも金もなければ度胸も足りない。

そんな時小耳に挟んだある町のウワサ。そこでは最高に楽しいことが待っているらしい。

主人公たちは意気揚々とそこに向かうことにするのだが。

グロ、痛い系が駄目な人にはまず、最後まで視聴が無理であろう作品。

なんせ主人公たちがいかに痛めつけられるかを描写するのがこのホステルなのだから。

自分が知らないうちに金で売られた、命と身体。買った奴らは拷問マニアのサイコ野郎ども。

しかしチェーンソーは人体を損傷させる際に用いるには少々馬力がありすぎるのかもしれない。ジワジワと痛めつけるには不向きで、本人も上手く扱えていないような。もっとも、そのおかげで主人公に一筋の活路が開けてくれるのだけれど。

町ぐるみの犯行なため、主人公たちにほとんど逃げ場はない。

主人公が町から逃げる一連のシーンは割りと見ごたえがある。しかし、終盤の東洋系の女性助かってもよかったのでは・・・。

個人的にイイ仕事をしたと思うのが衣装。「客」たちは赤い手術着のような格好をしている。これがまた不気味かつサイコな彼らの内面をよく表している。

一番気分が悪かったのはある意味、主人公たちをハメた男女たちが普通に談笑していたシーン。主人公は彼らを衝動のまま奪った車で轢き殺すけれど、カタルシスしか感じない。

シリーズ化されているらしいが、2の主人公は女性だ。

これはこれで需要があるのだろう。視聴者の。

今までに無い空気感を持ったホラー

前評判では全米ナンバーワンだとか嘔吐バックキャンペーンだとか大層な売り込みやってたけど、何てこと無いB級ホラーです。

でもこの拷問シーンは個人的にはきっついっす。

ですが、なぜか随所にちりばめられた笑えないお笑いシーンと壮絶拷問モノかと思いきや意外と救いのある展開で楽しく見られます。

この映画フロムダスクティルドーンのように全編と後編で展開が変わります。

全編は無軌道でバカな、でも憎めない学生3人組のセックスを求める珍道中。

後編は拷問地獄。

タランティーノが惚れこんだってのが良くわかる、というかタランティーノ節が随所に見られる映画ですね。結構口出したんじゃないかな。

イーライ・ロスの敬愛する三池監督もちょろっと出てくるし、色々コマゴマと面白いですよ。

なんだか展開が日本的でもあるんだよなあ。

でもやっぱり18禁だよな、これ。

子供が見たらトラウマ間違いなしのカラッと楽しく拷問殺人映画だもんね(どんなジャンルや)。

日本人女性の安っぽい特殊メイクはお岩さんモチーフなんでしょうね。あとこの女性を日本人俳優じゃないアジア人俳優でキャスティングして、たどたどしい日本語をしゃべらせたのも監督の狙いだとしたら(おそらく三池監督をキャスティングしておいて、日本人俳優を起用しないはずは無いので多分狙ってると思う)、かなり笑いのツボのわかった監督ですな。

総合して今までに無い空気感を持ったホラーですね。

ホラー大好きな奴らが悪乗りして作った感があって愛を感じます。

ホラーを笑い飛ばせる方にオススメです。

リアリティのある恐怖

普段、ホラーものは邦画、洋画問わず基本的には全く見ないのですが、たまたまレンタルビデオ屋でクエンティンタランティーノが製作指揮とあったのであまり深く考えずにレンタルしました。

なので事前の知識も全くなくフラットな状態で見た次第です。

おおまかなあらすじとしては、主人公たちが旅行で東欧にいき、そこで美女たちといい感じになりますが

、とある施設に囚われ処刑人たちに拷問されてしまうという流れです。

最初学生達がワイワイしたノリで東欧旅行を満喫していますがそこから一気に恐怖のどん底へと物語が進んでいくのです。

この映画のなにが怖いかというと一言で言えばリアリティだと思います。

通常のホラー映画のように全くクリチャー的に怪物は出てこず、人が人を拷問して殺していくので非常にある意味怖いです。

その施設がお金さえ払えば会員になれて人を殺せるというのも、ほんとにこういう会員制の拷問クラブが世界のどこかに実在するのではないかというリアリティがありその設定が恐怖を増加させてます。

あとは拷問の描写が非常にリアルで怖いです。

わりと拷問シーンも見ていて気持ち悪いくらいにリアルに描かれているのでハッキリいって怖いです。

主人公は後半ワンチャンスをものして逃げ出しますが、途中で拷問された連中を偶然見つけたりして逆に殺したりするシーンもあり、すべてがハッピーな終わり方ではありませんが、最悪の終わり方は免れた感じです。

映画の舞台でもある東欧のとある寂れた町の感じも非常に説得力があり、映画を見終わったあとは偏見ですが東欧には行くまいと思える作品です。

レビュー投稿