オーメン2 ダミアンなんじゃこれは。

本年リメイクされた大ヒットオカルトホラー「オーメン」。その第二章”ダミアン”である。
衝撃の真実から数年。悪魔の子ダミアンは中学生になった。まず、朝、おばあさんがカラスを見てビックリして死ぬ。次に、まっかっかな女性新聞記者が、トラックにはねられ死ぬ。さらに、会社の重役がホッケー中に氷にハマって死ぬ。研究者も、毒ガスを吸い込んで死ぬ。医者はエレベーターで胴体まっぷたつで死に、仲良く一緒に育ったお兄さんも、寒くて脳溢血で死ぬ。博士くんは列車の連結器に挟まってプルプル震える。
ようやくダミアンの正体に気づいた養父は、唯一悪魔を殺せるという”メギドの剣”で、ダミアンじゃなく自分が刺し殺され、養母は「だみあーん」と叫びながらガス爆発で焼死する。
するとダミアン、にやっと笑って、ハイおしまい。
なんじゃこれは。
ダミアンが中学生になってキチンと言葉を話すようになり、頭髪の中に埋もれた「666」を見つけ、あ~自分は悪魔なんだ、と認識する以外は、前作をなぞっただけの殺人シーンが延々と続く。
それとなく「ひょっとしてダミアンは悪魔なんじゃないか」という噂話やそういう雰囲気はあるものの、前作のように、せっぱつまって必死にダミアンと戦おう(殺そう)とする者は皆無。最後の最後に登場した待ってましたの”メギドの剣”も、ダミアン退治の道具に使われるまでもなく、養父がつまらんミスで刺されるためにだけ登場する始末。
カタルシスも何にもなく、これといって目新しい何もない、ほんと、なんじゃこりゃな続編なのである。もともとは全部で6作つくる予定だったので、仕方ない面はあるが、これはひどい。セルフコピーというやつで満足して終わってしまっている。
そして、新しい展開、新しい殺しのシーンさまざまな期待を担って最終作「THE FINAL CONFLICT(最後の闘争)」にひきつがれるワケですがこれがまた本作よりもトホホな。こっそり出ている若いランス・ヘンリクセンが救いとなる1本。

次回作への布石な内容

悪魔の子(実際は山犬の子だが)ダミアン君の爽やか青春物語(嘘)。

前作は結構前に観たので細かい部分はあまりよく覚えてませんが、エクソシスト程では無いにしろ、なかなか不気味で結構面白かった気がします。

本作はまんまそれの続きでダミアン君は13歳

きっと第二次成長期です。

が、普通の青春映画じゃないので色恋沙汰やエロネタは御法度。

だってオカルト映画だから。

内容はダミアン君が成長したのと悪魔の自覚が出たことを除けば全く同じです。

ただその自覚があると無いとでは観る人の受け取り方が違います。

前作の目に見えない力をいつの間にか発揮してるのと、分かってて邪魔者を目ヂカラで粉砕するのとでは不気味さの点では前作に軍配が上がります。

頭が破裂しない地味なスキャナーズみたいなシーンはちょっと魔力ぽくなくて…地元のレンタル店に無いスキャナーズが20年ぶりくらいに観たくなります。

超能力学園Zみたいなポロリ展開があれば面白かったのに…とは思いますが、オカルト映画ですからね。はい。

あとパッケージにあった「前作を凌ぐショックシーン云々」は誇大広告です。速やかにJAROに電話しないといけません。

全く前作を凌いでおりません。ちょっと損した気分。

あと神父なんかと魔力対決したりすんのかと思ってましたが、次回作への布石な内容で、結局次観ないとダメな感じです(親切に次作の予告も入ってました。商売が上手いです)

とりあえず1と3の橋渡し、そんな内容でした。

レビュー投稿