インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~

日本ならではといえる怪談のような話

“マスターズ・オブ・ホラー”に日本人で唯一参加した三池監督が題材として選んだ岩井志麻子原作の「ぼっけえ、きょうてえ」は日本ならではといえる怪談のような話である。

怪談のようなとはいったものの幽霊が出たり摩訶不思議な現象に遭遇するわけではなく、時代設定(江戸?)や奇怪な人物がいることでおどろおどろしいなんとも言い難い妙な空気が渦巻いている。原作は岡山弁なのだが映画はアメリカ資本ということもあり英語に変わっており、その時代錯誤な使い方の甲斐もあってかより異様な雰囲気になっている。

大まかなストーリーはアメリカ人が遊女を買い取るためにやってきたのだが、その遊女は自殺しており、事情を知らせてくれた別の遊女が二転三転と事実を語っていく。はじめからけっこうヘビーな映像の連続なのだが、回を重ねるごとに目を覆いたくなるようなショッキングな映像になっていき、それを衝撃的と捉えるか目も向けられないと嫌悪感を抱くかによって評価は大きく分かれる。特に陰惨な拷問シーンは三池監督の真骨頂と言いたくなる力の入れよう。爪の間や歯茎に針を刺していくのを実に丹念に時間をかけて魅せてくれるのだが、欧米の血みどろな拷問とは違うキリキリした痛みが画面を通じて侵食していく。

“『オーディション』のミイケ”という認識が強いであろうアメリカ人に向けて作ったホラーはマスターズ・オブ・ホラーの名に恥じない強烈なインパクトを残したに違いない。アメリカ人で三池好きに会う、それはすなわち死を意味することになる。

前半は結構好き

アメリカのケーブルテレビで放映する為に制作されたそうで、アメリカ受けを意識して作った結果、アメリカ人が日本を舞台に作ったんじゃないかと思うぐらい洋風な和風でした。

正直怖くはないですよね、ラストなんか”ド根性ガエル”のノリに感じてしまって、幻滅でした。

前半は結構好きだったんですけどね。

わりと世界観があるし、日本みたいなよく分からない国特有の感じがあって、神秘的とでもいうんですかね、なんかそれがいい具合に薄気味悪くなってました。

あとなんと言っても工藤夕貴が良いです。正直この映画の良い部分はほとんどこの人のお陰でしょう。”台風クラブ”の少女の頃ともう全然違います。綺麗なんですけど凄い不気味で敵にも味方にもなりそうで、特殊メイクなくても良いぐらいに感じました。

なんか設定は原作があるので違いますが、この監督は本当丁寧に描こうとしますね、序盤は残酷描写が無くて、それを描く為の物語が進んで行って、もちろんそこも丁寧に描きますが、いざ残酷シーンになると、もういいよと感じるぐらい長いし丁寧なんですよ。

今回はさすがにちょっと気持ち悪く感じましたね。これは中学生ぐらいならなかなかショッキングなんじゃないでしょうか。

ただ物語的にはもうひとつですね、幼少期のトラウマを背負ったまま大人になった人間がどうしようもない変人になっているのはよくある話で、プラスアルファの”ド根性ガエル”はない方が良かったです。主役の外人も声を荒げるリアクションばかりで、もうちょっと色々な動きして欲しかったです。

レビュー投稿