「ホラー」を期待して観ると肩すかし?

2009年のアメリカ映画『フォース・カインド』。日本での公開当時、テレビで流れていたCMが面白そうだったため、劇場に観に行きました。

映画の内容は、「実際にあった事件のドキュメンタリー」という感じの、いわゆるモキュメンタリーとなっています。特定の地域で頻発する行方不明事件と不眠症の患者、その診察を行う心理学者が主人公で、「再現映像」ではミラ・ジョヴォヴィッチがその役どころを務めています。

映画が進むうち、行方不明や不眠症の原因は、UFOによるものではないか?ということがわかってきます。正直に言えば、この時点で少し肩すかしをくらったように感じてしまいました。

もちろん、UFOや宇宙人が悪いというのではありません。しかし、このようなテーマはどうしてもSF的な印象が強く、「怖さをかきたてるもの」という感じがしない人が多いのではないでしょうか?

実際に宇宙人に拉致されたらさぞ恐ろしいでしょうが、映画の中で「宇宙人の仕業」と言われると、その途端にホラーっぽさが薄れてしまうような気がしました。

もしかすると、これはアメリカと日本の文化の違いなのでは?とも感じます。アメリカの文化圏で育った人なら、「宇宙人、怖い!」と感じることができたのかもしれません。

ミラ・ジョヴォヴィッチがメジャーな女優すぎるという点も、あまり怖くなく感じてしまいます。あまり顔の知られていない俳優が出演している方が、ホラーの場合はリアリティが増し、より怖く感じるのではないでしょうか。「バイオハザード」など、アクションのある映画で著名な女優だけに、途中で「宇宙人も倒せそうだなぁ」などとくだらないことを考えてしまい、ますますホラーな気分ではなくなってしまいました。

決してつまらない映画ではなかったと思うので、サスペンスとして観る分にはいいかもしれません。ジャンルとしてはホラー映画というだけあって、ちゃんとビクッとさせられるシーンもあります。しかし「とにかくホラー映画を観たいんだ!」という気分の時に観ると、肩すかしをくらってしまうかもしれません。

信じる前提で観ないと間違いなく損します

オラントゥンデ・オスサンミ、2009年の作品。

実際にこういう事があったら怖いとは思う。ただ、一ミリも信じていないので、全く怖くなかった。この映画は100%怖がらせる事に重点を置いているので、怖くないとなると何も観る要素がないので、本当に退屈でした。

そもそも“リアル”というものに拘っているから、ああいう弱い描写のオンパレードになるのかなあと思う。実際の映像と再現映像を同時に見せる手法も、単に“本当に恐ろしい描写”が思い付かないからホームビデオで撮って臨場感を出そうとする演出にしか、どう考えても思えない。

もっと言えば、あの医者の再現映像の役者がなんでミラ・ジョボビッチなんですか?全く似てないですよね?あんまり似てないので、つまらない前置きをミラ・ジョボビッチでなんとか保たそうという意図にしか思えないんですよ。本当そういう変な努力やめてほしいです。

結局、「信じるか信じないかはあなた次第」なんて言っておきながら、信じない側の人間の事なんて全く考えてない。信じない人間は一体この映画の何を観るんだ。対してハマってもいないミラジョボビッチですか?信じる前提で観ないと間違いなく損します。

しかし、宇宙人よ。どうせ襲来するならもっとうまくやったらどうだい。

そしてそんな辺鄙な町には行かず、もっと話題になりそうな大都市とか、もしくは日本の矢追純一宅に行ったらいいのに。真夜中に誘拐しなくても、きっと玄関から入れてくれるよ。

レビュー投稿