悪魔の毒々バーガー ~添加物100%~

バーガーを食べたらゾンビになっちゃう

バーガーを食べたらゾンビになっちゃうという、ただそれだけのアイデアで作られてしまったホラー・コメディ映画です。

この前に見た「ファーストフード・ネイション」という映画では牛フンバーガーが登場し、「とんでもない話だ!」と思ったものですが、これを見ると「マァ、ゾンビになってウーウー言うくらいなら、牛フンくらい問題ないか」という気分になります。

誰にも馴染みのあるハンバーガーですが、イヌやネコの肉が入っているという都市伝説が生まれたり、ミミズを挟んで食べる映画が作られたりと、色々と想像を刺激される食品のようです。

この映画もおそらく、だらだらとハンバーガーをパクつきながら談話している時に思いついた、安易なアイデアによって作られたのでしょう。

明らかに途中から勢いがストップし、厳しい便秘時の排便のような長く苦しいだけのシーンが続くようになります。

最後まで考えずに映画を撮影し始めたのは、火を見るより明らかですね。

途中までは軽快なテンポで展開する、バカバカしくも楽しいホラー・コメディーだったのでとても惜しい気分です。

終盤はあまりの見せ場の無さに愕然としました。

一番の見せ場を録画したテープを、空き巣に盗まれたのかと思うほどです。

見終わった後、自分に激しく自問自答した事があります。

それは、「何故この映画をレンタルしてしまったのか」です。

もっと見たい映画は他にたくさんあったはずなのに。

「魔が差す」ということは、人生において往々にしてあることのようです。

今回のこの経験を自分自身の糧にできるよう、注意深く生きていきたいと思いました。

レビュー投稿