34年経った今でもベスト3に挙がる高レビュー作品

ホラー映画には絶対に外せない作品がいくつかありますが、「シャイニング」はまさにその典型です。スタンリー・キューブリック監督とジャック・ニコルソンという偉大なタッグで制作されたものの、原作のスティーヴン・キングから壮絶なバッシングを受けたとされる作品でもあります。
実は、「シャイニング」は原作、映画の他、ドラマ版でも作品が存在します。ちなみにドラマ版はスティーヴン・キング自ら作り直しています。原作に忠実に作られることが少ないスティーヴン・キング作品の中でも、高い評価とオリジナリティあふれる技術を感じることができるのが、映画版「シャイニング」です。
厳冬と猛吹雪の中、老舗ホテルの管理人を任された小説家とその妻、息子の3人。誰もいない大きなホテルは静かすぎて、別の何かの存在も感じ取ってしまうほどです。まずは息子が、二人の少女が血まみれになる姿を見てしまい、小説家も次第に現実とも幻覚ともつかない世界に引きずりこまれていきます。
そして元から情緒不安定気味な妻の言動が拍車をかけ、夫や子供を追い詰めていきます。
雪に閉ざされ、屋敷にこもり、庭の迷路で迷い、と常に閉鎖的な映像と演出がほどこされているため、観ている方も息苦しさすら覚えます。
特筆すべきは、「シャイニング」から採用されたステディカムというカメラ手法。手ぶれを防ぎ、背後から影のようについていくカメラアングルは独特の恐怖感を演出します。子供の目線でステディカムを使用したシーン、迷路での不安をあおる演出は見事です。
原作、ドラマ版ともにどう評価されても、映画版「シャイニング」は34年経った今でも色あせることはありません。

シャイニングはほんとに怖いです

「シャイニング」は、スティーブン・キングが原作で、ジャック・ニコルソンが主演のホラー映画です。売れない作家のジャック・ニコルソンが、冬の間閉鎖される巨大なリゾートホテルの冬の管理人の仕事を引き受けます。幼い息子と妻と3人で、広々とした誰もいないホテルにひと冬滞在し、その間に小説を書こうと思っていたジャック・ニコルソンですが、雪に閉ざされ、家族3人だけで巨大なホテルに閉じ込められた彼は、孤独と閉塞感から、だんだんと心を狂わせていきます。
息子のダニーは「シャイニング」と呼ばれる、超自然的なものを見る力を持っています。彼は誰もいないホテルの中で一人で遊んでいるのですが、なぜかとても怖い部屋があります。その部屋に入ると、浴室に女性の幽霊がいます。
また、そのホテルでは、以前にやはり冬の間に管理人をしていて、孤独感から気が狂い、双子の娘達をオノで殺してしまった男性がいたこともわかります。その男性の幽霊と半ば狂ってしまったジャック・ニコルソンが意気投合し、ダニーは殺された双子の女の子の姿を見かけます。これらの映像がものすごく怖いのです。
ダニーが見る、ホテルの廊下にあふれ出る血の海の映像・・・何もかもが恐ろしいです。誰もいない冬の巨大リゾートホテルなんて、それだけで怖い雰囲気ではないでしょうか。あらゆる場所に、古い時代のなごりが残っていて、それらが亡霊になって生きている人間にとりついてくるのです。
ジャックはとうとう気が狂って、妻と息子をオノを持って追いかけまわします。必死で脱出する妻子。ジャックはホテルの雪の迷路の中で凍え死んでしまいます。見ていてずっと怖かったです。

原作とはひと味違うおどろおどろしさ

言わずと知れた(?)ホラー作家、スティーブン・キング原作の映画です。原作はもちろんとっても怖くて秀逸。人気のない、山奥の巨大ホテルにたった3人でいるという設定だけでも怖いのに、そこに潜む恐怖が次々に形になってあらわれてくる恐怖。霊的なものと、精神的なぐらつきの振幅が徐々に膨らんだものから迫ってくる相乗効果は、すごいものがあります。映画では、また違った怖さがあります。ジャック・ニコルソンの狂気的な演技も見物ですが、妻のウエンディ役のシェリー・デュヴァルの存在感の大きさに驚かされます。たたずまいが怖い!こんなにホラー映画にぴったりの女優はいません。彼女をみているだけで不吉でおどろおどろしい感じが募ってくる感じでした。ウエンディがこの映画のホラー的なものを全て背負っているんじゃないかと思わせるような雰囲気。狂気の鬼と化していくジャック・ニコルソンよりも、最初からふわふわとして「あっち側」と「こっち側」のあやうい狭間にいるような感じを抱きました。ジャック・ニコルソンはその怖さをパワーでぐいぐい押し進めていく感じとしたら、シェリー・デュヴァルは、内側からじわじわと怖さをしみ出させているようです。どっちも怖くて、どっちが正しいことを言っているのかわからなくなるのがまた怖いところです。そして、その二人にじわじわ驚かされている間に、サブリミナルのように双子の女の子やシャワー室での血を流した誰かの映像が出てきて、恐怖を増幅させていきます。また、その切り取った一瞬の画像が端正で、ホラー映画に似合わない感じの異質さが、恐怖をかきたてるのです。想像力を働かせて読み進む本とはひと味違う、視覚からの恐怖を存分に味わえる映画だと思います。

巧みに人間の恐怖の心理を刺激するキューブリックの演出に脱帽

原作はスティーヴン・キング、監督はスタンリー・キューブリックという名作中の名作です。
スティーヴン・キングは原作の思い入れが強い作品であり、キューブリックの脚本や演出を度々批判し、ついには自身が監督と努めた「キング版シャイニング」を制作したという、何かと話題になった作品でもあります。

私は、キング版も観ましたが、彼は小説家としては天才ですが、映画監督としては凡才でした。
小説を忠実に淡々と映像化する内容はいたって退屈で、キューブリック版の張詰めた緊張感と恐怖の演出とは比較にもなりませんでした。
もし「シャイニング」を未見であれば、キューブリック版の方を視聴することをお勧めします。

この(キューブリック版)シャイニングの恐怖は、化物や怪物が襲ってくるという表面的な演出ではなく、人間の心理に重点をおいているところにあります。
閉鎖された逃げ場のない空間に得体のしれない何かが確かにいること、日に日に何かに取りつかれたように異常な行動が目立ち壊れていく父親、他人のような表情で謎の言葉を発し警告する息子、これらを重に妻の視点を中心に展開していきます。

そして映像の演出も素晴らしいく、心理的な恐怖を増長させます。
舞台となる閉鎖された高級ホテルの広大な廊下を、静まりかえる中、キリキリキリと音を立て、息子が三輪車で進んでいきます。
映像は子供の視点で取られており、廊下のカーブを曲がるたびに、何かが出てくるような恐怖と緊張感が走ります。
出るのか?いや出ない、、、次は出るのか、いや出ない、、、結局出ないのか、、、いや、、、。

そして決して近づいてはいけないと忠告された237号室。
しかし、どうしても気になっていしまい、吸い込まれるように向かってしまう、そこで見たものは、、、。

とにかく怖いです。
人間の恐怖の心理を巧みに刺激する良作なので、是非、視聴してみることをお勧めします。

ホラー映画界の至宝

言わずと知れたスティーブン・キング原作の同名小説をもとに、巨匠キューブリックがメガホンをとった名作です。
雪に閉ざされるホテルの冬季管理人として住み込むことになった一家。
神経の細い小説家の父と優しい母との間に生まれたダニーは、「シャイニング」と呼ばれる第六感のようなものを持つ子どもでした。
かつて凄惨な殺人事件となったホテルには怪異がひしめいています。
それらを目撃しては怯えるダニーでしたが、次第に父の様子が...。
わたしは原作の小説も読みました。
キングはモダンホラーの巨匠と呼ばれることの多い作家で日本での人気も大変高いですが、はっきり言って冗長な作品が多いように感じます。
「シャイニング」もそうでした。
しかしこの映画は、そのエッセンスをうまく使いながら無駄のない構成をとっていて、退屈を感じさせません。
さすがはキューブリックというべきでしょう。
日本では1980年公開の映画ですが、今日大量消費されている安手のホラー映画にも見習ってほしいと思う点がいくつも感じられます。
そのうちの一つは俳優陣でしょう。
父親役のジャック・ニコルソンの狂笑がDVDジャケットやポスターに起用されていますが、実はあの影で母親役を演じたシェリー・デュヴァルの熱演がありました。
ホラー映画というものは、ただ怖がらせるだけではなくて、怖がってみせるというのも大事な要素です。
素人同然の役者を使って制作費を抑えるのも結構ですが、できればあんな表情のできる俳優たちを使ってほしいものです。

別物

ストーリーの希薄さは、原作のスティーブンキングによるものなのか、キューブリックの脚本によるものなのか。
気になって調べてみると、原作者は映画を見てブチギレしたほど別物らしいw。2001年宇宙の旅の、アーサーCクラーク論争と一緒。
小説には小説にしか表現できない良さがあり、映画には映画でしか表現できない良さがある。
映画人のキューブリックは、おそれをなさずばっさりと小説を改編してしまった。しかもバリーリンドンの失敗もあったため、「バカにもわかる」ように作らなければいけなかった。
本好きであり、映画も好きである(もっと言えば、音楽の演奏家でもある)キューブリックだからこそ、本と映画のそれぞれの領域を知っている。映画だけ勉強してきた監督にはできないことだ。
つまり、この映画を見て、とても学んだことは、「小説だけにしかできないこと」と、「映画のそれ」。
原作では、主人公ジャックがどのようにしてDVオヤジになっていったのか、アルコール依存症や神経衰弱のエピソードと共に語られている。本来の物語「シャイニング」は、主人の精神的トラブルを起因とする機能不全から、いかに家族が再生するか、という希望と愛(?)に満ちた物語なのだ。
しかし「観客を怖がらせる」ということを徹底的に考え抜いたときに、希望とか愛とかは少なくともキューブリックにはいらなかった。
逆に言うと、希望や愛があれば、怖いものが消えてしまうと言うこと。
そして思うのは、人間として生きていく上で不可欠な人間らしさを消してしまうことが、すごく美しくうつってしまうという、謎の方程式。
美しさっていうのは、「なるべく削る」っていうことだからね。つまり、美しさという概念って、恐怖のそれととても近いもの。

今でも洗髪とホテル投宿が怖くてたまらない

あの映画史上に燦然と輝く傑作2001年宇宙の旅の監督スタンリーキューブリック監督のホラー映画と聞いて、学生時代見に行った映画です。1980年公開の映画で、今から34年も前に見ただけなのに、今でも脳裏に焼き付いています。本当に怖い映画です。私はたくさんのホラー映画を見てきましたが、シャイニングこそベストオブホラーといって間違いない、史上最高最恐のホラー映画だと断言します。

舞台は、山上の冬季の間は閉館されるホテルです。小説家志望の主人公は、名優ジャックニコルソンが演じています。主人公が妻と子どもと3人で、管理人として住み込むますが、このホテルは、管理人が冬季の間、外界と隔絶されるホテル生活に気が狂って、家族を斧で惨殺した後、自分も自殺するといういわくつきのホテルでした。もう、設定から、これから何が起こるのか、予見されて、怖過ぎます。冬季の間は隔絶、惨殺事件のあったいわくつきのホテルが、薄幸の陰のある主人公の妻を暗示し、たまらなく怖いです。

そして、作中の舞台のホテルがムチャクチャ怖いです。豪華絢爛そのもののホテルですが、主人公の息子は霊的能力があり、いろいろなものが見えるのです。浴槽では殺された女の死体が、ホテルの部屋の通路には、殺された子どもが、少年には見えるのです。これがたまらなく怖く、34年経った今でも、私はときどき夢に出ます。また、出張などで一人でホテルに投宿した際、ホテルの部屋に入るときに、長い通路だったりすると、今にもシャイニングに出てきた子どもが出て来ないかと真っ青になります。

さらに怖いのは、洗髪しているときです。目をつぶっているときに、後ろにあの女の霊がいないかと、どきどきしながら洗髪しています。

ここまで影響力のあるホラー映画は後にも先にも私は知りません。英ロンドン王立大学の研究チームの研究でも、これまでで最も怖いホラー映画にシャイニングを選出したそうです。

本当に怖いです。心の弱い人は見ないほうが良いと思います。

今さらですが…素晴らしかった!

スティーヴン・キングの原作小説を1980年にスタンリー・キューブリックが映画化。名作ホラーとしてあまりに有名すぎて見そびれていましたが、今回意を決してDVDを鑑賞しました。結果、「なんでもっと早く観なかったんだ〜〜!!!」と後悔するほど素晴らしかったです。

ストーリーは単純。冬期間閉鎖されるホテルに住み込み管理人として数か月間滞在する主人公一家3人。家族の他に誰もいないはずの閑散とした真冬のホテルに、過去に起きた殺人事件にまつわる様々な超常現象が起こり、管理人のジャックは徐々に精神が蝕まれていき、ついには妻と一人息子を殺害しようとする。一方幼い息子のダニーも、自身が持つ不思議な能力(輝き=シャイニング)により、幾度となく降りかかる怪奇現象や父親のジャックからの追跡をかわしていく。

見どころは、ジャックが精神を病み徐々に変貌していく様子。

そして完全に出来上がった時のジャックが、あの有名すぎるジャケット、狂気に満ちたジャックの表情のアップなのです。

一人息子のダニーは次々に起こる超常現象に怯えつつも、同じシャイニングの能力をもつ外部のホテルマンに助けを求めたり、母親に父親の襲撃を告げたり大活躍します。話が展開していくキーにはなりますが、シャイニングの能力自体は、タイトルにまでなっている割には映画の中ではあまり取り扱われていないです。

ラストはちょっと不思議な感じでした。キューブリック監督らしいちょっとコミカルともいえるような映像でしたが、ストーリー自体のオチがなんだか不明…。で!ネットで調べて原作のストーリーとは大きな相違があることがわかって納得、って感じです。原作ファンの方々は不満でしょうが、キューブリックファンの私にはたまらない映画でした。

何より30年以上前の映画なのに、今観ても全然古さを感じさせない映像美には正直ため息が漏れました。

オープニングの雪山の空撮、閉鎖された豪華なホテル、バーラウンジの華やかさ、冬山の雪に閉ざされた静謐とした空気感が観てる側にも伝わってきました。

今回レンタルで見ましたが、これDVD買おうと思います!

お父さんが怖すぎる

最近の怖い映画になんとなく飽きて、古い恐怖ものを探していた時に知り合いに勧められてDVDを借りました。

ある家族が冬の間閉鎖されたホテルの管理人として赴任してくるところから話が始まり、最初はなにやら曰くのあるホテルだという展開に「フラグw」とか笑いながら見ていたのですが、なんとなく気味の悪い色合いのカーペットとか閉塞感のある廊下とか子供目線のカメラワークとかに徐々に引き込まれていきました。

ところどころで少年が視る、かつてこのホテルであった惨劇の映像の静かな狂気に、度々うわああああってなるけど目が離せない不思議。過去の映像の中に、この作品がこれからたどるであろう道筋のヒントが見え隠れしているのが感覚でわかるからかもしれません。

静かに、穏やかに狂っていくお父さんに絶望感がハンパ無いです。お母さんと息子の少年で敵う相手じゃないし、味方はいないし、外は雪で逃げられないしで怖くて見てられない。正直お父さんが斧振り回し始めた時からこの映画きっとバッドエンドだ…と指の隙間から見ながら覚悟していたのですが…。

シャイニング。

この言葉の意味が最後になってわかりました。それが誰を指すかも。

結末は書きませんが、見終わった後は放心してしまいました…。

正直2度は見たくない映画です。それくらい怖い。私の中のホラー映画ランキングではダントツで怖い映画です。もちろん素晴らしい作品なので、人には勧めています。一緒には見ないけど。最近この映画のメイキングに関わるノンフィクション映画を見ましたが解釈の仕方など興味深かったです。よく考えられ、時間をかけ、練り上げられた至高のホラー映画だと思います。じっくり一人で見るのがオススメです。

「吹雪」の日に必ず思い出す映画

ジャック・ニコルソン主演で、冬季休業中の古いホテルを管理しにやってきた一家が、やがてホテルに巣食う悪霊に蝕まれていくホラー映画です。

 最初は平穏だった家族ですが、父親がだんだん精神を病んで行く様が怖いです。古くて豪華なホテル、でも広々とした館内には一家以外に誰もいない。それだけでも怖いのに普通の人間の姿で霊たちが現れるから観ているこちらも錯覚を起こしそうになります。平和な日常に見えてじつは雪に閉ざされた隔離生活の中で、圧迫感を感じ始めていた主人公はしだいに霊に惹かれていきます。悪霊に耳を貸さないで欲しいのにどんどん霊に引き寄せられていく父親が危うくてハラハラ、ついには悪霊の意のままに妻子を殺そうとする姿が恐怖です!

斧を持って妻を追いかけ、ドアを叩き壊そうとするシーンはあまりに有名です。ここまでやるか!?本当に殺す気!?早く正気に戻って!などと父親にわずかな希望を持っていたのですが、このシーンを観て絶望でいっぱいになりました。

魔の手は幼い息子にも及びます。この映画で私が最も陰鬱な気持ちになったシーンです。真っ暗な吹雪の中、ホテルから飛び出した息子は庭へ逃げ込みます。それを追う父親。手にはやはりが斧。庭木の迷路の中へ身を隠す息子、隠れる息子の前を斧を持って通りすぎる父親。もう心臓が飛び出そうなくらい怖い!こっちもおもわず息を止めたくらいです。

そしてこの窮地の息子がとった手段がまたすごい!小さい子供がこんなこと思いつくか!?と疑いつつも映画に引き込まれ思わず驚きの声をあげてしまいました。このシーンの息子の心理、真っ暗な吹雪の中での逃走劇の描写があまりにも陰惨なので私の脳裏にしっかりと焼きついてしまいました。

以降、冬場暗くなってからの外仕事の最中、吹雪になるとこのシーンを思い出します。そして息子のあのシーンをちょっと再現してみたりします。心の中から震え上がり、病んでるなと思いつつあの映画の底なしの暗さを吹雪のたびに噛み締めてしまうのです。

30年以上経った今でも、恐怖のトラウマに苦しめられている

ホラー映画といったら、N0.1はスタンリーキューブリック監督のシャイニングに勝るものはないと思います。2001年宇宙の旅を撮った伝説的な監督が撮ったホラー映画だったので、絶対に見たいと思っていました。

いわくつきのホテルが舞台です。そのホテルでは、かつて気がふれてしまった男が一家を惨殺してしまい、今では使われていません。そこにスランプの小説家が、リフレッシュと創作を兼ねて訪れます。

最初のうちは、幸せそうな家族のバカンスが描かれますが、時折起きる不可解な何気ない現象が起きます。これがとても怖いです。やがて、主人公の名優ジャックニコルソンが、だんだんと何かに憑依され、気が狂っていきます。一心不乱に小説をタイプライターで打っていますが、打っているのはAll work and no Play makes Jack a dull boy(仕事ばかりで遊ばない。ジャックは今に気が変になる。)の文字の繰り返しです。このショットは、人間が狂気に駆られていく行く姿を、タイプライターの文字に託した映像であり、とても斬新で、なおかつとても怖い映像です。

やがて、主人公の小説家は、完全に狂ってしまい、何かにとりつかれたように家族や使用人を皆殺しにすべく、斧で殺そうと広いホテルの中を追いかけます。

その時折に、かつて殺された霊が、印象的にカットされます。双子の女の子、若い艶めかしい女性などみんな幽霊です。これがとても怖いです。私はホテルに泊まるときに、夜中に広い通路を歩くと、このシャイニングの映像を必ず思い出し、もしかして、この通路に双子の女の子が出てきたらどうしようと、今でもドキッとします。また、目をつぶってシャワーを浴びるとき、シャイニングに出てきた女性が出てきたらどうしようと、目をつぶることができません。

そして、狂気は狂気を呼び、やがて、広大な迷路状のバラ園が舞台となります。迷路になったバラ園を逃げる家族と追う主人公とのデッドヒートです。これが、本物の庭園であることも強烈なインパクトを与えます。ヨーロッパの社会は、これほど富を集中させたのかと思うと、唖然としてしまいます。

もう35年前の映画ですが、今でも時折シャイニングにかかわる悪夢を見ます。たった1回しか見ていないのに、私の心の中に深い傷を負わせ、今でも暗がりが怖く、ホテル宿泊やお風呂も怖くしてしまったシャイニングは、ホラー映画史上に燦然と輝く大傑作であるとともに、心の弱い人は決して見てはいけない映画だと思います。やはりスタンリーキューブリックは、最高の映画監督です。

冬のホテルで幽霊出たり狂ったり

私がこの作品で一番怖いと思うのは、やはりジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)がタイプライターで作成した力作「小説」を妻ウェンディ(シェリー・デュバル)が見つけてしまうシーン。「All works and no play makes Jack a dull boy.」という一文をひたすら連打してます。しかもページ毎に改行や段組のアレンジを変えて。今回再見して気づいたんだけど、所々微妙にタイプミスしてるんだね。これがまたリアルに怖いと思った。実は彼の狂気は幽霊に起因するものではなかったのかも、という解釈は原作者のキングには面白くなかったようですが。

元々アル中だったりDVの気があったりと、ホテルに来る前からジャックの狂気の兆候は見受けられるんですよね。だいたい事前に「このホテルで前に惨殺事件あったよ」とか言われたら、まともな神経ならこの仕事降りますよね。ということで、本作は私の中では完全にサイコ・ホラーにカテゴライズされてます。

キューブリック監督はだだっ広い空間の荒涼とした空気をフィルムに収めるのがホントに上手いと思う。ダニーがキコキコ三輪車で走り回るホテルの中とか、ホテルの外にある迷路の空撮とかね。

グロも今となっては控えめですが、妙に神経に障る映像がいくつもありますよね。予告編の血の洪水しかり、双子の幽霊しかり、237号室の女の幽霊しかり。

そして音楽もまた良い感じに不快感を煽る。ガラスや黒板に爪たてて引っかかれるような音がてんこ盛りです。

J.ニコルソン、あなたの顔が怖かった!

これはスティーブン・キングの原作を、スタンリー・キューブリックが監督し、ジャック・ニコルソンが主演したホラー映画です。S.キングが原作で、さらにJ.ニコルソンが主演のホラーというだけで、何やらもう恐ろしい気がしませんか?そうなんです、この映画の怖さはまさにJ.ニコルソンの鬼気迫る迫真の演技にあります。

小説家の主人公が冬の間だけ留守番管理を任されて、山間のホテルに妻と息子と共にやってきます。

静かな環境で小説の執筆ができると喜んだのもつかの間、他に人の居るはずのないホテルには怪しげな雰囲気が漂い、小説家はそのうちに幻覚を見るようになります。やがて精神的におかしくなり、最後には自分の家族をも殺そうとします。その狂気に侵されていく様子を、J.ニコルソンが見事に演じていました。目がぎらぎらと光り、斧を持って家族を追いかけるその形相が凄まじく、本当に怖かったです。

他の映画でも独特の雰囲気を出す俳優ですが、まさに怪演技派J.ニコルソンの真骨頂ではないでしょうか。

それから、この映画に関しては後日譚があります。

この映画を観た原作者のS.キングが、「なんだ、これは自分が書いたのと違うじゃないか」と怒ったのかどうかはわかりませんが、とにかくお気に召さなかったようで、「もう自分で創るからいいよ」と、本家本元版のシャイニングを製作したのです。

私は原作は読んでないのですが、こちらの方は原作を忠実に映像化したものらしく、ホラー作品というよりはホラー系ヒューマンドラマという感じのように思えます。最後に胸にじんわりと来るものがあり、S.キングは恐ろしい物語ではなく、家族愛を描きたかったのではないでしょうか。両作品を見比べてみるのもおもしろいと思います。

J・ニコルソンの怪演光る「シャイニング」

 ホラー小説の巨匠、スティーブン・キング原作の「シャイニング」を鬼才スタンリー・キューブリックが映像化した有名な作品です。

 ストーリーはキングの原作とは違ったラストとなっていますが、素晴らしい映像と演出で良質なホラー映画に仕上がっています。しかし、何といってもこの映画は主演のジャック・ニコルソンの怪演につきるといえます。誰もいなくなったシーズンオフの大きなホテルの管理の仕事にありついたジャック・ニコルソン演じる主人公は、家族ごとホテルで一冬を過ごすこととなります。しかし、いわくつきのホテルは少しずつ主人公の精神をおかしくしてゆきます。精神に異常をきたしてゆく演技は、もうジャック・ニコルソンにしかできないような芸当で、本当に狂人なのではないかと思ってしまいます。

 キューブリックの演出も素晴らしく、過去にホテルであった様々な悲惨な出来事がフラッシュバックのように甦るシーンが何度かあるのですが、どんなことが起こったのか映像ではすべてを説明していません。そのわからない部分がよりいっそう不気味さを増大させ、観客の恐怖心をあおります。

 原作者のキングはストーリーが変わってしまっていることに、だいぶ不満があったようですが、結果として映画「シャイニング」は独立したホラー映画として完成度の高いものとなり名作として評価されるようになりました。

 スプラッターのような過剰な演出や効果音を多用せず、キューブリックらしい映像美とジャック・ニコルソンの怪演とで恐怖を演出した質の高いホラー映画です。

キューブリックの真骨頂

とある山のホテルで、冬の間のメンテナンスをするために雇われた家族が、しだいに狂気に犯されていく、というものです。

スティーブン・キング原作、キューブリック監督、そしてジャック・ニコルソンが破られたドアから顔を覗かせる画像は誰もが見たことがあるだろう有名な映画です。

タイトルにあるシャイニングとは、「輝き」を意味する言葉で、登場人物の一人である少年の持つ特殊な能力をさしています。

原作の方ではこの能力が非常に重要な役割を果たしています。一方、映画の方では少年が時々見る異様な光景として現れますが、原作ほどの重要性はありません。

原作はこのホテルと居場所の超常的な性質や、少年とホテルのとある従業員との不思議な力を通した交流に重きを置いているのですが、映画の方はむしろ超常的な出来事なのか、それとも単に幻覚なのかがあいまいにされ、サスペンス要素が強くなっています。

原作を読んだ人にとってはそのあたりはちょっと物足りない気はします。原作ではホテルで起こった出来事もそれぞれもっと掘り下げてあり、主人公家族についてもホテルに来る前の様子の描写もあります。実際原作者のキングは原作との違いが気に入らず自分で再映像化したがあまり評判は良くなかったようです。

原作も名作なので映画を見たら是非そちらも読んでほしいところです。

キューブリックの作品は対称性など映像美が取り上げられることが多いですが、個人的には音楽の使い方もおもしろいと思っています。

たとえば最初に使われている音楽は賛美歌の一つ「怒りの日」から取られています。名前の通り世界の終末を表す音楽で、キリスト教世界ではよく使われるモチーフです。

そんなことを気にしながら見てもおもしろいかも知れません。

凍てつくホテルで起こるサイコサスペンス!!

ホラーが好きで知らない人が居るなら絶対に見るべき!スティーブン・キングとスタンリーキューブリックが送るサイコサスペンス映画「シャイニング」

舞台となるのはロッキー山脈のとあるホテル、冬になると猛烈な吹雪に見舞われる為に春までの期間管理人を募集しホテルの維持管理を依頼していた。

この管理人に名乗りを上げたトランス一家だったがホテルオーナーからこの過去にこのホテルで起きた凄惨な事件を告げられるが「そんな事にはならない」と笑いながら快諾、その傍らでホテルの料理人ハロルドはトランス一家の息子ダニーに秘められた「シャイニング」と言う能力を見抜き「ホテルに何者かが潜んでいる」と告げる、こうしてトランス一家を残しホテルは閉鎖され物語は動き出していく。

この映画「シャイニング」はストーリー構成の評価だけでは無く様々な演出も恐怖を書き立てる当時としてはまったく新しい撮影方法が取られている。

一つ目はステディカムと言う最先端機器を駆使した事でブレの無いスムーズに異動する映像と緊張感のある映像表現をする事に成功した。

二つ目は画面いっぱいに溢れ出す血しぶきが迫りくる際に使用されたスローモーション映像、このシーンは実際に見れば分かりますが映画史上に残る程とてつもない量に圧巻です、このスローモーションシーンは映画史上に残る程といわれています。

もちろん技術だけでなくストーリーも緊迫そのもの、海外メディアでは「最も怖い映画」として一位にも選ばれているほどです。

まさにホラーの最高峰、これを見ずしてホラー映画は語れません、是非一度ご覧になることをお勧めいたします。

レビュー投稿