ヒルズ・ラン・レッド - 殺人の記録 -

いまいち怖さが足りない

この映画がただの単純なスラッシャー映画でないのは、設定と終盤の展開にあります。

この映画のお話は、ホラーマニアの男が、公開されてすぐに発禁になり現在見ることができない幻のホラー映画に心酔していて、その映画を追跡するドキュメントを自主制作しようとするところから始まります。

メンバーは彼とその彼女と友人の3人。

お話の合間合間にはその幻のホラー映画「ヒルズ・ラン・レッド」の映像が挟み込まれます。

つまり、ちょっとしたメタフィクション的な構造になっているわけです。

ホラー映画を追跡する彼らに、何故かそのホラー映画のキャラクターが襲い掛かってきて、一体それはどういうことなんだ?という展開になります。

途中までは典型的な人殺し映画なんですが、終盤は無茶な真相が次々と明らかになり、呆気にとられているうちにエンディングを迎えることになります。

監督はこの手の映画が好きで好きで堪らなく、しかしこの映画の魅力と弱点も冷静に理解していると思います。

少し前に流行った拷問系ホラーの要素も入れ、殺人鬼の容姿にも凝り(ただ、その理由には無理があるような・・・)、サービスカットも盛り沢山。

そこに、捻りに捻ったお話(冷静に考えるとバカな話とはいえ)を加えて個性を出しています。

難点は、いまいち怖さが足りない点です。

もうちょっとスリルを感じさせる演出があれば、この手の映画としては満点な内容だと思いました。

最近のホラー映画の中ではいまいち注目度が低い作品ですが、ホラー好きなら見る価値大だと思います。

レビュー投稿