まるで飽きさせません

SFというジャンルでは、リアルな世界観では描けないものこそを描くことに意味があると思います。

そのままを描くのはさすがに憚れるようなテーマを、仮想の設定の上で描くことで、現実世界での問題をよりリアルに提起する。

優れたSF作品では必ずこういった要素を内包しているものです。

クローン人間を育てた話というのはまだ聞いたことありませんが、チンパンジーを人間として育てた実験というのは実際にあったそうです。

「プロジェクト・ニム」というドキュメンタリー映画にもなったこの話ですが、人間の家庭で人間として生かされたチンパンジーが、当然自分が他の人間と違う事に気付く中で次第に凶暴化してしまい、実験が中断、その後の彼には悲惨な境遇が待っていた・・・というものです。

「スプライス」でも、同じような展開がありました。

さらに、この映画ではその先のインモラルな展開まで描いていて、そこが非常に良かったと思います。

生物の成長の過程では、当然訪れる生殖行為。

こういったテーマでは避けては通れない部分ですが、そのためにエログロや変態ものという印象を持たれてしまうかもしれません。

まあしかし、この映画、エログロもの、変態もので結構!という思い切りの良さもあって、そこがまた好感が持てます。

基本は見世物系SFホラーとして、非常に楽しい作品に仕上がっています。

キモい?と思ったら意外に可愛い?と思ったらやっぱりとんでもない化け物でした!と、最後まで先が読めず、まるで飽きさせません。

レビュー投稿