呪怨 -終わりの始まり-

恐怖に怯える佐々木希がかわいいだけの映画…?

ネタバレ含みます。

呪怨シリーズといえば、俊雄くん!というイメージが定着しつつありますが、今回は明らかに俊雄くんを前面に押し出し過ぎてる印象がありました。また、呪怨シリーズは元々他のJホラーと比べ、霊の直接的な登場シーンが多い映画ではありますが、今作は大げさな音と霊アップでのビックリシーンが多すぎです。

ギャグとホラーは紙一重という言葉がありますが、ラストの首折れ登場シーンに至ってはもう、笑いがこぼれてしまいました。

ストーリーも続編ではなく劇場版1作目のリメイクといった感じで、1作目が良かっただけに、改悪でしかありません。中でも、女子高生グループが呪いの家に巻き込まれる話に関しては、キャスト・演出の両方に関して過去作の方が明らかに良かったです。近作のトリンドルちゃんは確かに可愛いのですが、可愛すぎてどこにでもいる女子高生には見えないです。ハーフ顔なので、作品の雰囲気とも合っていない気がします。これはキャスティングミスですね。

ですが、主役の佐々木希ちゃんが美しくて、恐怖に怯える様子が非常に良かったです!教師の設定ということもあり、地味な服装と黒髪で演じていますが、それがまた素晴らしい。彼女の存在だけでこの映画は見る価値があります。

リメイクにしては酷いストーリーに、かつての陰鬱とした雰囲気が感じられなくて、明るく綺麗な呪いの家が舞台となっていたりとシリーズのファンからは評判の良くない作品ですが、佐々木希ファンやホラー初心者の方にはおすすめできます。

新装版のはずなのに・・・

佐々木希主演で迎えた呪怨シリーズの最新作について、私は映画館で見て唖然としました。

ストーリー展開がまったく同じなのです。ホラー好きの私にとって、最近のジャパニーズホラーの不甲斐なさを考えて最後の砦なる作品が呪怨シリーズの最新作でした。貞子3Dが大いにコケて、もうジャパニーズホラーは終わったと思った矢先の新作公開だったので胸が躍り、公開日に劇場に足を運んだのにも関わらず、ストーリーはまったく同じ。怖がらせるポイントも前作と同じ。

これはもう「新しいものを作る」だとか「観客の度肝を抜いてやる」だとか、そういった心を制作人はなくしてしまったのではないかと思うほどでした。

キャストに関しては特になにも思うところはありませんでしたが、脚本、演出、そのすべてが前作の焼き増しだったので劇場で大きなスクリーンで見るよりも前作やビデオ版の呪怨を見たほうがホラーという意味では楽しめたかなと思います。

最近のジャパニーズホラーの傾向として映像の美化に伴い、一昔前のようなじとっと纏わりつくような空気感がもう出せなくなってしまったのではないかと思います。(参考作品としてリングや仄暗い水の底からなど)海外のホラー映画はやはり海外のホラー映画の特徴やいいところを今でも継承し作品を出し続けています。ですが日本のそれは変にクリエイティブにしようとしすぎてもうすでに「ホラー映画」ではなく、ただの映像作品に成り下がっているような気もします。この呪怨〜終わりの始まり〜を見てそう思いました。

レビュー投稿