とにかく恐い。

舞台は東京。
主人公のカレン(サラ)はアメリカからの交換留学生で、恋人のダグ(ジェイソン)とともに日本の大学に通う。
彼女はケア・センターに勤めている。ある日、アメリカ人の家族が住む家に訪問介護に行くことになる。
もともと、その件はヨーコという日本人学生の担当だったのだが、彼女はその日の朝、連絡が取れなくなっていた…。
とにかく恐い。
緊張感が連続して、あまりリラックスできるシーンがない。
その点は大満足。基本的には日本版『呪怨』を同監督がハリウッドの俳優起用で取り直したって感じですw
ただ、日本版ではあまり語られなかった【なぜ伽耶子は殺されたのか…。】がハッキリするのでそこは評価しても良いのでは無いでしょうか。
ただ、時間軸が交錯しつつ話が進む凝った構成も健在なので、ある程度日本版を理解している方が観た方が分かりやすく、所見の方は少し戸惑うかも知れません。
海外向けにリメイクしたとだけあって、全体的に分かりやすい構成になっていますがその反面、日本独特の恐ろしい雰囲気や空気感等は薄れた様に感じてしまいました。例えば日本版では【あの家】を訪れていない人でも怨念によって殺されてしまします、しかしリメイク版では【あの家】を訪れていないと死にませんw
これは海外の方々が日本独特の霊の恨み辛み~怨念の連鎖等を理解出来無い(欧米人は分かりやすいのがお好き)そうなので変更されたようです。日本版の方が怨念の拡大&連鎖が感じられて好きなのですが。
ジャパニーズホラーとしては最高峰の「呪怨」が同監督でリメイクされた本作、観ておいても損は無いと思います

狙いすぎて逆に怖くない

東京の大学で福祉を学ぶアメリカ人学生・カレンは、ある日一人暮らしの老婦人の介護を担当することになる。しかし彼女が足を踏み入れた家は、かつて凄惨な殺人事件の舞台となった場所で…

「呪怨」のハリウッドリメイク版。

基本的にストーリーは日本版のまんまで、家に足を踏み入れてしまったカレン(サラ・ミシェル・ゲラー)が呪いの標的にされ、次々と恐怖体験をしていく。

ハリウッドでは受けたみたいだけど、正直大して怖くないし、映画としての出来が良いとも思えない。脚本はダラダラしてるし、声が小さいわりに驚かすシーンではやたらでかい音声で、音量調節にいらいらする。恐怖シーンも、オリジナル版では新鮮だったのかもしれないが、今となってはもはやお約束というか狙いすぎて逆に怖くない。

が、このDVDの真価は実は音声解説のほうにある。

解説はスタッフや出演者の何人かの座談会形式で進んでいくのだが、映画製作の裏話、撮影の苦労話、日本での失敗談などが豊富に織り交ぜられていており、石橋凌が「日本のロック・スター」と紹介されていたり、和製ホラー「オーディション」を絶賛する参加者がいたり、伽椰子の「ア゛ア゛ア゛ァ・・・」の声は実は清水監督自身が担当していたりと、内容は多岐に渡っていて楽しい。映画本編はともかく、こちらは観る(聴く)価値あり。さらにディレクターズカット版には清水監督の短編も入っているなどサービスがさらに充実しているとのこと。ファンは必見ですな。

イイ意味で予想外の恐怖

アジア系ホラーのハリウッド・リメイクと言うことで、思いっきりナメてましたイイ意味で予想外の恐怖を味わってしまいました。

東京で福祉を学ぶカレンは、ヨーコの代役として「ある家」の訪問介護を頼まれる。

寝たきりの女性エマの介護を始めると、突然、2階から物音が聞こえてくる・・・

不気味に思いながらも2階へ上がると、奥の部屋の押入れがガムテープで塞がれている。ガムテープを剥がし押入れを開けると、中には青白い顔の少年が閉じ込められていた。

その日から、カレンの恐怖の日々が始まった。

ハリウッド・リメイクといっても、あくまで東京郊外の「あの」家が舞台となって、日本で暮らすアメリカ人に「カヤコ」や「トシオ」の呪いが及んでいくという形を取っています・・・

やっぱり、この作品には、日本特有のあの狭くて暗い家や、和室(畳や押入れ)ってのは欠かせませんからね(笑)

監督に、そのまま清水崇を持ってきたことが大正解で、アメリカにアジアの恐怖をそのまま持ち込んだ構成になってました。そうなんです!それでイイんです!

アメリカのホラーと言えば、ゾンビか殺人鬼といった視覚で味わう恐怖(血がドバ〜って感じで)。そうではなく、日本やアジア特有の、暗闇や沈黙によって作り出される鳥肌の立つような雰囲気・・・あの背筋が凍るような恐怖をそのまま持ち込んだわけですね。

そうそう、どうせリメイクするなら、そのまま監督を連れてくればイイんですよね。

アメリカ人にも、新感覚のホラーって感じでウケたんじゃないでしょうか?

レビュー投稿