テーマは「美容整形」

『オールナイトロング』シリーズでお馴染みの松村克弥監督作品、そして悪役に黒沢あすかが出てる、ということならもう期待しないわけにはいかないですよね。って自分だけなのかな。

本作で取り上げられるテーマは「美容整形」。男はなかなか共感できないジャンルかもしれませんが。美への妄執が狂気に転じる話ってのは女性視点だと猛烈にハート抉られるのかも知れないな。

ストーリーはいたって単純。美人の整形外科医(岡元夕希子)のもとにサイコな患者さん、吉恵(黒沢あすか)がやってくるって話。これ、序盤の醜女も特殊メイクで黒沢あすかがやってるのかな。おそらく当時はそこまで脚光を浴びてなかったと思うのですが、ホントこの人は今の日本映画を語るうえで外せない女優さんではないかと。

主演の岡元夕希子さんはどうも既に引退されてるようで、新進女優墓堀人の某友人に見初められた不幸を呪うしかないのですが。でもこの人お顔も素敵だしちょうどいい感じの美乳だよね。

やっぱり松村克弥監督作品だとデビュー作の『オールナイトロング』が強烈過ぎるので、それに比べるとやっぱり評価下げざるを得ないのですが。あと私の性別が男であるのも、この映画の本質に迫ることが出来ない原因なのかもしれん。

ただ、やっぱり人間の狂気を描くお話では、松村監督が一番最先端にいる方だと思うな。みんなにおススメはできませんが、狂気に飢えてる人ならきっと楽しめる作品ではないかと思います。

レビュー投稿