ファイナル・デッドサーキット

死の描写は過去作に比べれば控えめ

劇場では3D上映だったとのことで、画面に向かって色んな物が飛んでくる描写が目立ちます。んでもって人に当たってグシャる。この手のショックホラーと3Dは相性抜群だね。

イントロのCGは過去作で死神に魅入られちゃった人達の死の瞬間のまとめ的な感じ。思えば劇中でも過去作のオマージュっぽい死に方してる人何人かいます。

ということで本編について。

今回の舞台は老朽化の進んだサーキット場。例によって予知夢を授かった主人公ニック(ボビー・カンポ)と彼の呼びかけに答えて死を免れた人々が、やはり襲いくる死の運命に必死で抗う…というお話。クライマックスでは同じく3D映画を上映中の劇場までもが大惨事の舞台となりかけてしまいます。これをニックは必死で防ごうとするのですが…

改めて思うのは、数々の前兆演出がまるでパチンコやパチスロみたいだな〜ということ。もう時間もお金もないから手を出すこともないと思うんだけど。徐々に演出が大きくなって、当たるのかスカるのか?…スカッたと思ったらやっぱり当たってた、みたいな。基本どれも確定演出なのが嫌過ぎですが。でもこの死に向かうピタゴラの組立、考えてる方は楽しそうだよな〜と思います。

そのグロ死の描写はちょっと過去作に比べれば控えめかな。3Dで観てたらまた評価も変わったかもしれませんが。一番嫌なのはやっぱりプールの排水溝にお尻の穴から内臓吸い出される男の子の死に方か。これも直接的な映像は無いんだけどね。

相変わらずの裏切らない「同じ内容」

"みんな大好きファイナルデスティネーションシリーズ4作目です。

毎回タイトルが紛らわしい&長いことでも有名な(多分)今作は本来は3Dだったようだが、レンタルではそれに関してはどうしようもないので、観る側のイマジネーションで楽しむいうことにしておきつつ、さて本編。

オープニングが過去作品の死に場面をCG骸骨が再現していて結構カッコいいです。

中身も相変わらずの裏切らない「同じ内容」に水戸黄門の印籠の様な安心感を感じつつ観られます。

機会仕掛けのような死の予兆が見所で、バック・トゥ・ザ・フューチャーのオープニングのドクの部屋で目玉焼きが焼けるような連鎖がおもしろい。あの人に狙いを定めているようで、実はそうきたか!っていう展開に驚かされる。

今作はシリーズ中一番「死から逃れる方法を求める」謎解き映画というよりも、「死に方を観せたい」グロCG映画に感じました。

深く考えないで観てても問題無いです。

早く死なせたくて仕方が無いとしか思えない強引な展開が良いのか悪いのかわかりませんが、個人的には3よりは好きでした。

余談/

巷では非難轟々だった某タレントを使った吹き替えを少しだけ聞いてみましたが、一瞬だけでもその酷さが分かってしまい、すかさず音声を英語に戻しました。

あんな吹き替えを金払ってタレントにやらせるなんて、お金の無駄遣いだと思いました。

本当の声優さんにもっと光を当てて欲しいです。

そんなことも学べる映画でした。"

レビュー投稿