バンク・オブ・ザ・デッド

銀行強盗がゾンビと戦います

タイトル通り銀行を襲撃した黒人ギャング達が日没後にゾンビに襲われる羽目になる話。ていうか段取り悪すぎですね。

ギャングの皆さんは皆ヒップホップが好きそうなブラザーです。ヨーメーンヨーメーン言ってます。あまり頭も良くなさそうなので、彼らのボスは白人の用心棒をメンツに加えたんですが、これが足並み揃わない。「明日決行で今日下見行ってくる」って言ってるのにその日に銀行に押し入っちゃった。しかもこの日は新月。何故かこの街では新月の夜に死者が蘇ってしまうのです。納得のいく説明は全くありませんが。

ということであっという間に銀行の周りはゾンビだらけ。彼らを逮捕しようとした警官隊も速攻でゾンビの餌食。チームワーク悪いブラザー達も一人、また一人と犠牲になっていきます。

果たして、彼らは生きて銀行を脱出することができるのでしょうか・・・?

今回登場するゾンビもフットワークはそこそこ軽め。弱点は頭ではなく心臓です。あまり人肉食ってる描写はありません。ちょっとヴァンパイア寄りですね。

あっという間に弾も尽きてしまったブラザー軍団、最後はナイフ片手で無双してます。ゾンビ弱いな。そしてあっさり朝日とともにゾンビいなくなってブラザー達逃げて終わり。

75分ほどの作品なのですが、話の運びがヘタクソ過ぎてクライマックスのゾンビバトルまでテンションが維持できないのは残念。ほんのちょっとだけおっぱい出てきます。必然性は全くないシーンですが。

クライマックスのエスカレーターを大挙して上がってくるゾンビの映像が面白いと思ったくらいかな。

サラっと観てるうちに終わってしまう作品

主人公達は銀行強盗に押し入るが、非常ボタンを押されてしまい立て篭もることに。

太陽が沈むと、外では異変が起きた。

銀行を包囲していた警官達が次々とゾンビに襲われていたのだ。

そしてそのゾンビ達は銀行内に侵入しようとする…という話。

銀行強盗VSゾンビという、意味のわからない組み合わせ。何事にもタイミングって大切だよね。うん。

恰幅の良い登場人物が多いな!

そして主要人物がほぼ黒人のゾンビ映画って初めて観たかもしれない。

その影響からかBGMは大体ヒップホップ系なので、なんとなく気分が明るくなる。

説明によると見た目がゾンビの吸血鬼か…心臓が弱点とは珍しい!しかも脳は損傷しても問題ないとか。

ゾンビ達は目立ったメイクはなく白カラコン、噛まれて感染のため一部負傷してるだけ。そして素早いタイプ。

主人公っぽい白人男性のジャクソン、自分が仲間外れで銀行強盗されたなら知らん顔してればいいのに!何故にわざわざ警官の前で知り合いだと主張するのか。直情型なのか。

銀行の支店長は、意外といいキャラしてる。

ゾンビの本格的な襲撃からはシューティングゲーム状態だな…しかも明らかに無理ゲー。

面白くないってわざわざ言うほどでもないが、サラっと観てるうちに終わってしまう作品。

しかもかなり疑問が残る。金それだけ?とか、保安官が犯罪ナチュラルに見逃してるとことか、主人公に至っては何のために来たんだってレベルで最後手ぶら。

ラストの朝日の爽やかさですべてがごまかせると思ったら大間違いだ!

レビュー投稿