満足できる終わり方のホラー

ホラー映画は好きですが、終わり方が救いがなさ過ぎたり、全員お先真っ暗だったり、被害を広げるだけ広げて終わり、という映画が多いように感じていました。

「シャッター」という映画は、それのどれとも違います。

この映画は、タイで作成された映画のリメイク版で、日本とハリウッドの共同作成映画です。

奥菜恵さんが幽霊役として、ハリウッドデビューしています。

監督も日本人のため、洋画ホラーというより邦画ホラーという印象。

そのため、この映画のおすすめポイントは2つ。

まず1つ目は、邦画ホラーを見ている感覚になることです。

話の進み方も、追い詰め方も邦画ものの印象に近いため、主人公夫婦が日本人じゃないだけで途中から洋画を見ているという感覚ではなくなりました。

主人公夫婦が日本にハネムーンでやってくるところから話が始まりますので、基本舞台も日本です。

2つ目が、終わり方です。

冒頭で触れたように、どうしようもない事態に陥って終わってしまう人物もおりますが、それはそれ、と割り切れるストーリー展開となっております。

よくあるような不幸が蔓延するのではなく、ストーリーの中で全てが丸く収まる印象でした。

このような終わり方の映画は邦画では見たことがなかったので、個人的には今までにない映画です。奥菜恵さんの演技も本当に怖く、途中までホラーとしてもしっかり怖くて楽しむことができました。ハリウッド映画ですが、激しいアクションはありません。

この映画のストーリー展開から終わり方まで、すごく好きでしたので、評価は80点です!

もう一度みたいホラー映画でしたし、友達にもおすすめしている映画です。

レビュー投稿