テキサス・チェンソービギニング

レザーフェイスが生まれるまで。

2003年に映画化されたテキサス・チェンソーの続編、まぁ続編といってもビギニングというのだから前作よりも昔が舞台、レザーフェイスがいつどこで生まれどういう風に怪物になっていったかを描いていている作品です。

食肉処理工場で生まれ、奇形児だったために捨てられた彼はある女に拾われそこで育てられることになる

、幼い頃から動物を殺すなどの異常な所があった彼はそのまま大人になりついには人間までも手にかける、彼を拾って育てた家族ももちろんグル、自分の顔へのコンプレックスから殺した人間の皮を剥ぎフェイスマスクをつくり、人を殺すことをなんとも思わない残虐な殺人鬼へとなっていく。

まぁあらすじは大体こんな感じです。

今作の見どころはやはりレザーフェイスが残虐な殺人鬼になっていく過程、セリフこそ多くはありませんが彼の憎悪に満ちた演技は見ているこっちがゾワゾワと嫌な気持ちにさせられ恐怖を感じれます。

そして前作同様、何も知らない若者が彼と彼の家族の餌食となるのですが、本作は前作のグロイ映像がパワーアップしていてもう本当に見ているのがつらくなります、もぅこんなとこまで映像化しなくていいですよと言いたくなるようなシーンが満載です、心臓の弱い方、こういう映画が苦手な方には絶対にお勧めはできません。ホラー好きでも少しグロすぎかなと思いました。

映像も前作より怖さに引き込まれる感じが増していて見ているだけで背筋がひやっとなるようなシーンも多々あって怖いながらも楽しむことができました。

そして、これは少しネタバレになりますが、私自身見る前からわかっていて覚悟していたことなんですが、今作は続編、続編と言えどもタイトルにはビギニングと付いています。ビギニングが描かれてるということは、今作で出てくる登場人物達にハッピーエンドはないということです。誰も助からないということです、まぁ助かっていたら彼は捕まり、前作のテキサス・チェンソーは生まれなかったですよね。

レザーフェイスの誕生を描いた今作では全員が彼の犠牲者です。それをわかっていながら見ていたのですがわかっていてもラストシーンを見終った後はかなり後味悪かったです。「あぁ・・・。」と言葉にできないモヤモヤ感が半端なかったです。

そこを除けば、ホラー好きにはかなり楽しめるかなと思います前作と今作合わせてみるのがオススメです。

レビュー投稿