ザ・ホード 死霊の大群

オススメ致します

警官仲間のマルクをマルクディ兄弟という黒人ギャングに惨殺され復讐を誓った警官達は手下をリンチして居所を聞き出す。完全武装をしたメンバー達がマンションの最上階にあるマルクディ兄弟の部屋にいざ突入!と思いきやさっそくメンバーの一人が撃たれて死んでしまい全員取っ捕まり危機一髪である。すると少し前にギャングに殺された謎の男が甦り襲いかかってきたではないか!そいつは雨のような弾丸を浴びてもなかなか死なないのだが弱点が頭らしく、頭を撃つとようやくおとなしくなった。今のは何だったのかなーと思っているとマンションの周囲も内部も死霊の群れで溢れかえっているからさぁ大変!敵対しているもの同士で一体どうやってこの危機を乗り越えるのだろうか…
フレンチホラーという事で、とんでもないキチガイが出てくるとか残虐さが凄いとかそういうのに期待してしまうと肩透かしを食らってしまうかもしれません。
派閥としてはロメロ系統のノロノロゾンビではなくて今時の走るゾンビなんですが、人間の根底にあるドロドロした心理を描くとか黒人と妊娠した女性は強いとかロメロに対する敬意は随所に感じられましたのでゾンビ好きならそこそこノれるんじゃないですかね。
フランスは移民問題を抱えているからなのかやたらとマルクディ兄弟が「チェコ人を食っちまった!チェコ人を食っちまったよおぉぉ!」とか「俺はナイジェリア人だぞ!ナイジェリア人なんだぞ!!」とか言ってるのにクスッときましたが「そういうのいれんなクソが!」と思う人もいるかも。政治と宗教の話は人を選びますからね。
死霊の大群と銘打ってるだけあって数も多いしメイクも手抜き無しですが、何よりも輝いてたのはマンションに住むベトナムでブイブイいわしてたという元軍人のキチガイおっさんですね。あの人は良かった!黒人ギャングがいい人に見えてくるんですよね、おっさんがガチキチすぎて。このトキメキはテキサス・チェーンソーのホイト保安官に抱いたトキメキと同じかもしれません。イッてるおっさんには惹き付けられる何かがあります。
フランス語って耳馴染みが良すぎて眠いときに観ると夢の国に連れ去られてしまうと思うので観るなら眠気が一切無いときをオススメ致します。

今風ゾンビ映画の佳作

「死霊」の2文字に恥じぬ、立派なホラー映画でした。

閉鎖されたビルに閉じ込められるという設定はモロに「ゾンビ」で、リスペクトというよりリメイクに近いです。

ただし、こちらは「28日後」等と同じ素早いゾンビです。

あの映画も「ゾンビ」リスペクトながら独自のセンスがありましたが、こちらは「細かい部分は捨て去り、アクションと暴力を大増量」という感じで、単純明快な作りです。

大体「ゾンビ」のスーパーマーケットに比べると、この映画のビルには大量の武器以外何も無いというのが特徴をよく表しています。

序盤が退屈なのは、登場人物に魅力が無いのが大きな要因ですが、中盤で登場するキチガイ親父が最高で、一気に面白くなります。

殺されて生きてる人間が減った分、ゾンビがジャンジャン登場してみんなで盛り上げてくれるので、後半は楽しいです。

人間の愚かさ、汚さといった部分を描くシーンはたくさん登場しますが、もともとロクでもない連中ばかりなんで、特にショックは無いですね。

こういうのは、普段は大人しくて真面目な人がやるからインパクトがあると思うのですが。

あと、グロいシーンはありますが、ゾンビ映画的なお食事や内臓丸出しシーンは少なめで、ゾンビ好きには不満が残るかもしれません。

バイオレンス映画としては迫力があって、暴力を描かせたら韓国とフランスには敵いませんね。

ストーリー性は限りなく薄いですが、今風ゾンビ映画の佳作といったところでしょう。

全くグロさはないです

舞台はパリ北部。主人公は警察官をしている。

ある日仲間をギャングに惨殺されたため、主人公は復讐のため仲間3人とともにギャングが潜伏しているマンションに乗り込む。

銃撃戦を迎えたが、ギャングが殺した人間が突然甦り周囲の人間を襲い始める。

ビルの周囲はゾンビに取り囲まれており、警官とギャングは脱出のために手を組むことにした…という話。

フランス産R15ゾンビ作品ということと、主人公1人VSゾンビ300体の見せ場に心惹かれて観ることに。

ゾンビの活きがいいとのことでしたが、本当に走るの速くて元気そうでした。でも最近よく観るタイプのゾンビで珍しさはない。

が、このゾンビが丈夫だと感じるほど主人公達の倒し方が悪くてやきもきする。後は素手で立ち向かってどうにかなる人も珍しいと思った。

何の伏線もなく突然死者が甦ったことに「え?何で今このタイミングで!?」と慌てるくらい前触れがなさ過ぎて一瞬置いていかれた感が。最期の審判らしいが唐突過ぎる。

話にメリハリがなかったのか、間延びしている印象があった。

ギャングのリーダーである黒人男性が男らしくて格好良かった!

ゾンビが出てくるような映画ではありがちな、軍人上がりのキレた爺さんが見せ付けてくれました。

もうこの爺さんが主人公の方が面白かったんじゃないかと思うほど。

ホラーと言うよりもアクションがメインになっている作品だと感じた。

全くグロさはないです。

やはりロメロのゾンビの殺し方のような爽快感が欲しい。

海外のゾンビゲームに近い感覚

ホラー映画界隈で最近目覚ましい活躍で血しぶき満載の良作を連発しているフランスからの贈り物。

数々のゾンビ映画へのオマージュというよりも、海外のゾンビゲームに近い感覚。

ビルからの脱出だったり、驚異のスピードで迫り来るゾンビ達は正に「レフト4デッド」「デッド・ライジング」ライク。

冒頭の仁義無き犯罪アクション映画部の重苦しい雰囲気から一気にゾンビスプラッターに雪崩込み、非常に面白かったです。

後半のテンション高さが個人的には思わず「ウヒョー」と言いながら観てしまいました。

頭で思い描く「ゾンビ映画でこういうシーンが観たいなあ」というシーンがまんま出てきて、すっかり虜になりました。

狭い通路でのマシンガン乱射は素晴らしいですし、この映画の対ゾンビの早送りアクションが痛快でした。

今迄ゾンビ映画でゾンビを素手でボッコボコに殴り倒したこと、あまりない気がします。

出てくるゾンビ達は皆タフだが、一発で仕留めたりせずにあえて肉弾戦を挑むという無茶な展開で笑いを誘い、「オレはナイジェリア人なんだ!」とキレて壁に頭を打ち付けまくる下りには爆笑した。

あとはこの作品の一番の見所、1対ウン百。

たった1人で命を捨てて、噛まれたりなんだりを全く無視してゾンビと戦うあのシーンはまさしく「ウヒョー」でした。

DVDで持っててもいいかなと思いました。

オチはちょっとどうでもいい、というか、結局自分のことしか考えてないみたいな。

犯罪映画に戻っちゃったみたいな。

ま、食われて死ぬんだろうけど(笑)

レビュー投稿