新トレマーズ -モンゴリアン・デス・ワームの巣窟-

正直あまり面白くなかったです

ライオンズゲートのUMAシリーズ第1弾。

まずパッケージみたいな怪物は出てくるようで出てきません(笑)

実際はもっとコンパクトで、パッケージのイラストサイズのは1匹です。

でもこの手の映画はそういう「見栄っ張り」な所を楽しまなくてはいけないのです。

そもそもかの名作「トレマーズ」とは全くの無関係であり、ビデオメーカーが勝手に「似てるからいいんじゃね」的な軽いノリで付けたんだろうと思います。怪物の造形的には全く同じなので仕方がないでしょう。

この手の映画はそういう「便乗ぶり」な所を(以下略)

というわけで原題「モンゴリアン・デス・ワーム」(以下MDW)の方が良かったのにと思いますが(デスコアバンド名みたいで)

正直あまり面白くなかったです。

CGがどうとかは置いといて、予算の関係からか基本的には人間メインでダラダラと「アレ」とか「ヤツら」とか曖昧で当事者しか分らない言い回しで物語が展開していき分りづらいし、あまりMDWちゃんが出てこない上に出たら出たであっさりしすぎで、モンスター映画を観てる気がしないのが難点。

人物も結構多いくせに無個性で魅力が無い(保安官はナイスキャラでした!)

伝染病の原因とか電波障害とか全てMDWちゃんの仕業なんだけど、全て曖昧な台詞だけで終わっちゃってるのも残念。

これ観ると元祖トレマーズって凄く良く出来た映画だったんだな〜と再認識できます(元祖は緊張と緩和が上手い)

余談

途中でエイリアンみたいなシーンありで失笑。

レビュー投稿