死霊のはらわたIII キャプテン・スーパーマーケット

繰返し見ても楽しい。

中世スペクタクルの状況においてギャグの連続で、斬新というか、いや、これはB級映画に中途半端に取り入れられたくだらないコメディ風味の要素なんかじゃなく真剣にギャグとして作っている。
正直スパイダーマンなんかはトビー・マグワイアのキャラとかが好きで監督的には特に思っていなかった。
死霊のはらわたも昔見て衝撃受けたけど、『アメリカン・ゴシック』見てから監督として本格的にリンク。
まあこれはあの頃のと全然雰囲気違うけどやっぱサムライミはこっち系でしょう!もう作らんのかな?勿体ない!!
これ、『キャプテン・スーパーマーケット』ってタイトルだけでも心ひかれるよね。死霊ではらわたでスーパーマーケットってどんなんやねん!て。
いや、もう想像を遥かに超える傑作で正直びっくりした。
最初から最後まで小ネタと言ったら失礼か、ギャグネタのオンパレードで大爆笑!一番のツボは中世でチェーンソーが失った左手にスッポリ入るとこ!映画館なら拍手喝采でスタンディングオベーションだなや。
死霊の種類もただの骸骨系からエロいゾンビ系まで色々、アルゴ探検隊好きにはたまらないオマージュとストップモーション(しょぼいけどw)。
墓石がロケットみたいにボンボン吹っ飛び、オールドモービルにつけたプロペラで死霊達をガンガン倒していくところはマジでシビれる!
そして何よりブルース・キャンベルのキャラが良すぎ。何から挙げたら良いものか、、見ているほうが恥ずかしくなるぐらいやり過ぎ感のある独り芝居&表情はジム・キャリー並みだしどのギャグをやっても笑える。チビアッシュ達や墓から出てきた骸骨の手達とのやりとり、呪文を忘れた時も最高。現代人ゆえの奢り高ぶりから手慣れたラストへのギャップも言う事無し!
こういうのが楽しめる人とワイワイ言いながらポップコーンとコーラで見たい!!一人で見て悶絶したもん(笑)
繰返し見ても楽しい。

主人公アッシュのたくましさが見所

スプラッタホラーで有名な死霊のはらわた2の続編ですが、続編といってもかなり作品全体のイメージが違います。前作が正統派のホラー映画だとしたらこの作品はかなりの変化球です。そのため死霊のはらわた2のような恐怖を期待するとその期待は裏切られるかもしれません。

でも私はこの作品はすごく好きです。前作で死霊がたくさんいる時代に飛ばされた主人公のアッシュ、そのときには見ているこちらがかわいそうになるくらい怯えていたのに、今回は最初から死霊を倒す英雄です。なので一応ホラーではありますが、バトル要素ありコメディ要素もあり怖いながらも要素要素で笑えたりとします。ホラーなのに笑えるとダメじゃないかと思うかもしれませんが、それがこの作品の持ち味であり良さでもあります。

そしてとにかくアッシュが前作とは見違えるようにたくましくなっており、すごくかっこいいのです。これはもうアッシュがヒーローのファンタジー作品を見ているかのようです。それほど様々な要素がつまった恐ろしくも楽しい作品に仕上がっていると思います。

また私はアッシュ以外にも好きな登場人物がいて、過去の世界でアッシュに協力する人物もなかなかステキです。

死霊が当たり前にいる過去の世界でその人物と協力し合い、死霊たちと互角に渡り合うアッシュはこの作品の一番の見ものです。細かいところまでネタが散りばめられており、一度ならず二度三度と繰り返し見たくなる、そんな私のお気に入りの映画です。

レビュー投稿