ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世記

引いてしまった。

ロメロゾンビを観たいと思ったら90年版を引いてしまった。
リメイク版ドーン・オブ・ザ・デッド(Dot;D)に続いて、未だ本家のゾンビ映画はまだ観ていない。
60年版は版権消失物なので、「雨に唄えば」のように動画サイトに挙がってないものだろうか・・・。
この映画のゾンビはあまり強くない。
それゆえ、逃げようと思えば簡単に逃げられるし、弱点さえわかっていれば倒すのも追い払うのも難しくない。
だが、それにも関わらず、籠城戦における生存者はバーバラたった1人だけである。
他の生存者を死に追いやったのは何か?
それは焦り、執着、対立・・・それらによって判断を誤り、冷静さを失い、時に運悪く、生存者は1人また1人と倒れていってしまうのだ。
また、エンディングもなかなか面白い。
夜明けの生存者達のキャンプ場では、ゾンビ狩りで残しておいたゾンビと決闘する遊戯を行ったり、木に吊るしてから処刑したりと一種の娯楽として楽しんでいた。
一方、最後まで対立していたクーパーは、生きているのがわかっていながら、バーバラに殺されるのだ。
極限の状況下に陥った時、如何に人間が冷静さを欠きやすく自ら破滅への道へ進んでしまうのか・・・また、人間が如何に醜い心を持った生き物なのか・・・この映画はそれを見事に描ききっている。
リメイク版のDot;Dはゾンビの脚力を大幅に強化したため、軍でも対処できず、結果的にどうしようもない終末世界を描く事には成功した。
だが、あまりにも強化しすぎた為か、こうしたゾンビ映画の本来の醍醐味を活かせなかったようである。

旧作のジリジリとした緊張感が失われてしまってる

リメイク作品は、がっかりする事が多いが、これはまぁ及第点。

旧作のファンも悪しざまに貶す事は無いと思う。

ストーリーは前半はほぼ旧作通り。

同じシチュエーションで同じ台詞を言ったり、旧作への敬意を感じさせる。

だが、中盤からは、かなり違った展開になって旧作を鑑賞済みのファンも飽きないつくりになっている。

一番の変更点は旧作では、ただ怯えてるだけだったバーバラが闘う女性に変更された事。

クソの役にも立たなかったLv1のあそびにん風だった旧作に比べて、今作はLv80のせんし風。

エイリアン2にモロ影響受けまくって(メイキングで監督も発言)、作中のパーティメンバーの中で間違いなく最強。

演じるパトリシア・トールマンはジェイミー・リー・カーティスを思わせる馬面系。

彼女がメガネを失い、破れてスリットみたいに裂けたスカートをズボンに履き替え、(何故か)上着を脱いでタンクトップ姿になると。

…アラ不思議、エレン・リプリーのコスプレでござ〜い。

おまけに、ビーチクスケスーケで男性視聴者のハートもゲット!

これも、特定の主役が居なかった旧作(前半はバーバラが主役だが、中盤から密室劇になって、特定の主役は居なくなる)と違い、今作はハッキリとバーバラが主役の為。

それに伴って、他の登場人物も、皆、一様に自己主張が強くなり(特に他の二人の女性)、うるさいったら、ありゃしない。

しかし、自己主張が強くなった分、キャラクタが平板化して、旧作のジリジリとした緊張感が失われてしまってるのは残念なところ。

イメージを損なわないクラシカルな作り

本作の監督はトム・サヴィーニ。ロメロ版のオリジナルとは一部相違もありますが、極力イメージを損なわないクラシカルな作りになってます。

ゾンビというモンスターの特性。それはやはり緩慢な動きながら圧倒的な数量で攻めてきて、しかも人間の肉を喰らう点。単体なら何とか凌げるんだけど、ワラワラ湧いてジワジワ包囲されて、というのが怖いんだよね。しかも噛み付かれたらゾンビ化しちゃうし、ゾンビ化しなくても生きながら引き裂かれ喰われる、と。

敢えて原点回帰した本作の作りが、こういったゾンビ本来の恐怖特性を上手く引き出してます。意外とグロ描写はあっさりめなんだけどね。元々ロメロのオリジナルもグロは重視してなかった気がするしな。

そしてゾンビをグロく描かない代わりに人間の醜さは露呈される。ゾンビが襲ってきてるのにエゴばかりで足並みの全く揃わない登場人物。ガソリンスタンドについつい松明持ち込んだり発砲したりという頭の悪さ。そして生き残ったバーバラの前で展開される、死者を冒涜するかのようにゾンビで遊ぶ人間たちの姿。実はロメロがこの作品で訴えたかったのは、こういった人間の愚かさなのかもしれないですね。

オリジナルとの一番大きな相違点は、主人公の女性バーバラ(トニー・トッド)のキャラクター。オリジナルではひたすら怯えてるだけだったんですが、本作では徐々に闘争心が剥き出しに。戦う女は美しい、とはあんまり私思わないんですけどね。

レビュー投稿