13日の金曜日 (2009年版)

オリジナル同様、怖くないですな

オリジナル同様、怖くないですな。
ジェイソン自体がもはやキャラとして定着しすぎたがゆえに出てくるだけで笑えちゃうってのもあるし、暗い中からいきなり飛び出してくるようなビックリ展開があまりなく、ご丁寧にゆっくり背後から近づいてきてくれるので心の準備が出来て怖がりな観客に優しいつくり。ホラーにしちゃグロ描写も控えめで、割と即死に近い死に方をさせてくれることが多い。このへんも優しい。
冒頭の数分で1と2のおさらいをパパッと終わらせるところとか死亡フラグの折り方とか暗い中いきなり明るいBGMが流れるあたりとかは新機軸を作ろうみたいな気合を感じ。「おっ!」と思ってちょっと期待したんだけど、タイトルが出て以降は、まぁいつも通りというか定番の展開でした。基本的に非リアのジェイソン君がドラッグとセックスに溺れる頭クルクルパーのリア充どもをばったばったとなぎ倒していくお決まりのパターン。
確かにオリジナル版はホラー映画の王道と言われるけれど、さんざんあちこちでパクられた&パロられた結果、今じゃあむしろ古典的すぎて物語的な新鮮味はほとんど無いのだよな。今作の脚本もその王道をなぞってしまっているので安心して見られっちゃあ見られるけど、果たしてホラー映画にそういう安心感を求める人がどの程度いることやら。さすがに同じパターンの繰り返しじゃあきょうびの観客は飽きてしまう。ラストのアレとかもう予想の範囲内すぎて逆にびっくりした(「あ、やっぱアレやるんだ!?」みたいな)。
ヒーローはジェイソンただ一人で、殺される若者たちに個性なんぞ微塵も与えられないのがお約束のこのシリーズだが、今作に関してはある程度脇役たちのキャラを立たせても良かったんじゃないかなぁ。ジェイソンのキャラだけで90分持たせられるかってーと割とキツいと思います。主人公カップルすらあの無味乾燥っぷりだし。
この手の映画は仲間と集まってあちこちにツッコミ入れながら楽しむのがベターなんだから、もうちょいウィットに富んだギャグや演出を入れて欲しかったと思います。
『スクリーム』なんかは会話がちゃんと楽しいし、ホラー映画ファン用、初心者用と双方の仕掛けが入り乱れてどちらも楽しめる工夫が凝らされていたんだから。

これぞエンタメ!

『13日の金曜日』、『ジェイソン』こそ知っているものの、実はちゃんと映画を観たことがありませんでした。

ある時、やはり一度は観てみたいと思ってレンタルしたのが2009年版のリメイク版でした。

オリジナルを観るつもりが間違えてレンタルしてしまい、登場人物のファッションが最近のものであるのに気付いて最初は戸惑いました。

しかし、内容はシリーズを知っていなくても満足でき、より他のシリーズも観てみたいと思えるものでした。

殺人ホラーですからジェイソンがいつ襲ってくるかとビクビクしたり、残虐な殺害シーンに顔を歪めさせられます。ただ、それだけではなく、笑えるシーンが多かったことが印象に残りました。

ざっくり内容を説明しますと若い男女グループがクリスタルレイクにやってきてジェイソンに殺されます。2つのグループが登場するのですが、まず、最初に登場するグループが殺されます。そのグループにいた女の子の兄が妹を探しに行く途中、別の若いグループと出会い、クリスタルレイクに向かうという筋書きです。

正直展開は読めますし、死亡フラグもわかりやすい。でもそれぐらい単純だからこそ、誰でも素直に楽しめます。

「アカン! 行ったら絶対殺される!」とニヤニヤしながら叫んでしまうことでしょう。

そして何といっても見どころなのは豊満ボディの美女たちがわんさか出てくるところ。しょっちゅうオッパイ丸出しです。そしてそんな美女たちこそむごい形でジェイソンに殺されてしまいます。時には笑ってしまう殺され方もあり、個人的にはクリスタルレイクで彼氏とオッパイ丸出しで遊んでいた女の子が殺されるシーンがマヌケ過ぎて好きです。これはもう、説明するよりぜひ観てほしいです!

そして、最後はまさかの展開で大爆笑させられました。

恐怖、驚き、エロ、笑いが詰まった作品でした。

『これぞエンタメ!』

日頃、ストレスを抱え苦しんでる方。『13日の金曜日』を観ましょう。

何もかも忘れさせてくれます。

レビュー投稿