PART2

シリーズものだと続編にあたる2作目が好き。
たとえば3部からなる大河物だと物語の承..転にあたる2作目にもっともテーマの濃密な部分が含まれてたり完結となる次作へのブリッジとして決着がつかないまま含みを持たされるラストだったりで何かその終わらない感じ?つうか次への期待を持たされたまま終わる、ってのがいいんだよw 
完結への妄想をあれやこれや駆り立てられたり。おおよそ3作目でその期待は裏切られることも含めて、一番いい部分が詰まってるのが良い2作目、と勝手に思ってる。
シリーズ中でかなりレアなヴィジュアルやケースが沢山出てくる、続編といわれる中でも好きなもののひとつ。
まず冒頭で前作の生き残りのヒロインがいきなり殺されるw
前作観た人ならもうここで9割方犯人の目星はついていてその人物がこれからお決まりの大殺戮するって事くらい何となく解かる。
んで、当人の初登場が実はこの2作目からって事実を知ってるのは濃いファン以外実はあんまいなかったり。
つまりこの2作目は結構見逃されてる、つうか印象に残らないのかもしれん。
まず、13金と聞いてまず思い浮かべるのがJさんの例のホッケーマスクにボロのワークジャケットスタイルだろ。ところが本作で初お目見えのJさんはどう見てもエレファントマンにしか見えないw いや正確に言うとこっちが先なんじゃなかったか。ズダ袋に片目穴あけて、っていう風貌。
しかもネルシャツにオーバーオールっていう何とも可愛らしい山岳労働者スタイルw萌えるんだこれが♪まだ弱っちかったりするし。
1作目に比べて当然サービス増し、ってことは、エロ増し、殺し(人数)増し。
何とも解かりやすい拡大だなw まあ車椅子のまま階段落ち(人形)とかあと生き残りが逃げる先々での死体放置怖がらせ、とかはここからかな。
わんこの有無が恐怖テンションを左右する演出とかけっこう凝ってる。
あと途中で生き残り退場が若干1名、最終的生存が2名っていう、Jさんまだ仕事振りが未熟だわな。
今風に言えばこれはEPゼロ的な、ジェイソン・ビギンズとして無理やりこじつけながら見ることも出来る逸品。

このPART2はとにかくダレる

得てして名作の続編は駄作となるものですが、本作も単独の作品としては決して良作ではありません。

PART1は何度見ても面白いのですが、このPART2はとにかくダレる。

どんどん人は殺されていきますが、殺し方にバリエーションがないと言うか、ワンパターンと言うか、殺しゃあいいってもんじゃないんだよと言いたくなる。

しかし、ホラー界のスーパーヒーロー・ジェイソンを生み出したという点で、ホラー映画史に於いては重要な作品として位置付けられるのかもしれない。

でも、ジェイソンの人物像がノーマン・ベイツと相当かぶってるし、独創性はさほどない。

ジェイソンは、ホッケーマスクをかぶってチェーンソーを振り回し始めて、やっとホラーヒーローとして完成するのだと言えるのだろう。

しかし、PART1から続けて見て、非常な不満を覚えた。ジェイソンが単なるマザコンのシリアル・キラーになってて、弱者としてのジェイソンという側面が削り取られてしまった。

車椅子の青年を殺した段階で、ジェイソンは単なる殺人鬼に成り下がってしまったのだ。

学校にも行かず、母親としか話すことのなかった少年という新たなエピソードまで与えられて、ジェイソンは生前から異様な少年、反社会的な存在であったことになってしまっているのだ。

ホラー映画は単純な構図の方が面白いのかも知れないけれど、殺す側にも感情移入できた方が深みは出るはず。

これから先、『13日の金曜日』シリーズはどんどんトンデモ映画になっていってしまうけれど、それはジェイソンの弱者としての側面を切り捨ててしまったからではないだろうか?

前作より明らかにパワーアップ

大量殺人鬼ジェイソンが活躍するB級映画の黄金シリーズ第2弾です。

冒頭、前作の見所がダイジェストで余すところ無く見ることができます。パート1を見ていない観客などはなから相手にしていないようです。前作未見の方は絶対にパート2から見ないでください!

ストーリーとしては、案の定ジェイソンが生きていて、母親の意思を受け継いで遂に殺人デビューを飾るというものです。

しかし、今回も大きな問題が存在します。お馴染みホッケーマスクの格好を、本作ではまだしていないのです。代わりにズダ袋を被っているだけです。

またしても困った客が、店員に向かって「パート2からはジェイソンが出ていると聞いたのに、ホッケーマスクのアイツじゃないじゃないか!子供が、こんなのジェイソンじゃないやい、と泣いて困る!返品させてくれ!」等とクレームを言い出す様が目に浮かびます。

とはいえ、ホラー映画としては前作より明らかにパワーアップしています。サスペンス性も高く、ビックリシーンも増えています。女性も前作より垢抜けていますし。

昔テレビで何度もみたはずなのに、あまり憶えていないものです。新鮮に楽しめました。

ただ、劇中でセックス大好きな女性が香水をあちこちに付け、最後にちょっと考えてから自分のアソコにシュッとするシーンだけは鮮明に憶えていました。なにか僕の心に訴えかけるものがあったのでしょう。

このシリーズはパート2でほぼ完成されてしまったようですね。特徴的な部分はこの映画に網羅されています。単純にとても面白かったです。

レビュー投稿