閉ざされた世界での恐怖

「遊星からの物体X」は、ジョン・カーペンター監督のSFホラー映画です。舞台は南極の基地。男性ばかりの基地の隊員たちが、ノルウェー隊が謎の全滅をしたというニュースで調査に行きます。不気味な死体の残るノルウェー隊の基地。何かが宇宙から落ちてきたらしい、という跡だけを見て、謎をはらんだまま、彼らは自分の基地に戻ります。ノルウェー隊で生き残っていたので連れてきていた犬が、夜中に不気味な変身をして、見るもおぞましい姿になります。その怪物を「The Thing」と名付ける隊員たち。ところが、怪物の姿は伝染するのでした。怪物の体液に触れた者が、一見人間の姿を保っているものの、何かがあるとおぞましい「The Thing」に変身するのです。その怪物は火には弱いということをつきとめ、火炎放射器を使って退治するのですが、何よりも恐ろしいことは、もはや、隊員たちのうちの誰が「The Thing」になっているのかわからなくなっていることです。仲間がもしかしたら怪物なのかもしれない・・・隊員たちは協力しながらも、お互いに疑心暗鬼に陥ります。この怪物は、どうやら宇宙から落ちてきた巨大な円盤に乗って地球にやってきたらしいということだけ分かります。隊員たちは、誰が人間で、誰が「The Thing」であるのかを見極めようと、一人一人に火を近づけてみます。何人かが怪物に変身し、正体をあらわします。火炎放射器で怪物を倒す人間の隊員たち。怪物をこの南極で根絶やしにしなければ、やがて地球じゅうが怪物だらけになってしまう・・・。そんな不安が残ったまま、ストーリーが終わります。南極の基地という閉ざされた世界で、誰が怪物になっているか分からないという恐怖がせまってくる話でした。

犬や人間が異形なモンスターへ変容していく特撮シーン

ジョン・カーペンター監督による、SFホラー映画の名作です。

とにかくこの映画の最大の見所は、犬や人間が異形なモンスターへ変容していく特撮シーンにあります。

主役はカート・ラッセルですが、ヒゲをたっぷりと蓄え、酒を飲みまくる彼の風貌は、殺伐としたこの映画を象徴しています。

粗暴でだらしない生活を繰り返す社会のはみ出し者だが、激しい性行為を期待させるため女性にはやたらモテる男…。

一言で言うと、火野正平のような感じです。

他の登場人物は、彼がマシに思えるようなどうしようもない男ばかりが数人。

生きていても死んでいても印象は変わらないような連中ですので、ピンチになってもまったくハラハラしません。

誰が死んで誰が生きているのかについてもあまり関心を持てないほどです。

メイキングでは監督が「当初は女性を入れるつもりだったが、男ばかりの方が変わっていて面白いと思った。」などと言ってますが、個人的には女性が居た方が分かりやすかった気がします。

個性的でカッコ良い男達ならまだしも、先日出所したばかりの窃盗犯のような連中ばかりだし、常に防寒着を着ているため見分けが付きません。

誰がエイリアンで誰が人間か分からなくなり、いよいよ高まるサスペンス…といきたいところですが、元々お互いに信頼関係が希薄だったようですからね。

エイリアンがいなくても殺しあうのは時間の問題だったような気がします。

とにかくこの映画は特撮シーンが必見ですので、それに興味のない方には特にオススメしません。

ホラーの名作と言えばコレ!

名作すぎてレビューするのも気が引けるが、若い世代の人は観ていない人も多いのではないかと思い紹介する。

公開は1982年だが、今のCG真っ盛りな映画に劣らない、色褪せない恐怖映像を観ることができる。

舞台はアメリカの南極基地。そこに一匹の犬と、それをヘリで追いかけるノルウェー基地の隊員がやってくる。犬を追いかけまわし、銃を撃ちまくる隊員の行動や態度は異常そのものだ。ノルウェー隊員の異常な態度に、身を守るべく彼を殺してしまうアメリカ隊員たち。そして犬を保護し、一体ノルウェー基地で何があったのか、酷いブリザードの中調査を開始する。

ノルウェー基地で起こったこと、そしてアメリカ基地でこれから起こること。

初見の人は全く予想がつかないだろうし、何度も見ている人も思い起こすだけでぞっとするはずだ。

SFXという言葉はもう死んでしまったが、この映画を観ると美しく目の前に蘇ってくるのを感じられる。

数々のクリーチャーは言ってしまえば実写だし、人形ではあるけど、全くそうとは思えない。本当にそういう生き物を作ってしまったのかと思うぐらいだ。

率直に気持ち悪くて、生理的に受け付けない化け物たちのデザイン、造形、動きまで、一周回って愛おしい。

ここからは、是非びっくりして頂きたいので未見の方は読まないで欲しいが、特にすごいのは最初に「それ」が正体を表すシーンだ。

ゲージの中で本体を表すあのシーン、顏がぱっくりと割れ、中からまた口が見える。粘液のリアルなこと、肉の赤さのおぞましいこと。それなのに目を離せないのは、「一体これはどうやって作ってるんだ!?」と仕掛けを見つけて安心したいからなのだ。そして結果安心できないまま、次々と恐ろしいシーンを見せつけられる。

このシーンが与えた衝撃は凄まじいものだし、いろいろな映画やコミックへの影響からもそれがうかがえる。

また、「一体誰が”それ”になってしまっているのか?」といった疑念が常に晴れない精神的なストレスもなかなかに苦しくていい。心理戦のようなものはあまりないので期待しないほうがいい。

最後になってしまったが、間違えても「遊星からの物体X ファーストコンタクト」を間違えて見てはいけない。

ファーストとか付いているものだからこっちを先に観て、げんなりしてそれっきりという人もいるようだ。これは前述のノルウェー基地での出来事なので注意してほしい。ファンムービーに近いものなので、好きな人は続けて観てもいいが。

レビュー投稿