国内外で人気

国内外で人気のホラーゲームを実写化。
ローズ(ラダ・ミッチェル)とクリストファー(ショーン・ビーン)の娘シャロン(ジョデル・フェルランド)は夢遊病により、夜な夜な一人で出歩き両親を不安がらせていた。
ローズは何とかシャロンの病を治したいと、シャロンが無意識に呟く「サイレントヒル」というゴーストタウンにシャロンと向かうことにした。道中、ガソリンスタンドで出会った婦人警官シビル(ローリー・ホールデン)は、夜遅くにゴーストタウンに向かう二人に不信感を抱き、追跡する。
ローズはシビルを振り切ろうと車のスピードを上げる。その瞬間、目の前に女の子供が現れ、慌ててハンドルを切った拍子に車は事故に遭い、ローズは気を失う。目が覚めたローズは助手席にシャロンの姿が無いことに気づく。そしてローズは娘を捜すため、灰に覆われたサイレントヒルの町へと足を踏み入れる。
可能であれば先に原作のゲームをやってほしい。
それだけ原作の精神的に侵食されるような恐怖を忠実に再現しており、また、ストーリーやBGM、襲い掛かる不気味なクリーチャーも踏襲しているので二倍楽しめる。
原作を知らない人はどうなのか?そこは賛否両論分かれる内容となっている。
まず最初に、グロテスクな表現が苦手な人はやめたほうが良いだろう。特にラストの教会での虐殺シーンはスプラッタの大盤振る舞い。そこまでの展開からスッキリするグロではあるが…。
次に良い意味でも悪い意味でもゲーム的であり、突拍子も無い展開や説明不足な所がいくつかある。例えばたまたまナイフを手に入れ、そのすぐあとに絵画を切り裂いてドアを見つける展開など。一方でクリーチャーの造形や、表世界から裏世界へと徐々に変わっていく描写はとても素晴らしく、美しい。
これらの点が気にならなければ、ホラー映画では上質な作品である。
次から次へと何が起こるかわからない不条理さにハラハラし、娘を想う母親の愛の物語としても見れる。何より「三角頭」の圧倒的存在感を体感してほしい。

とにかく恐怖の作品です

私がおススメするホラー映画は、「サイレントヒル」です。プレイステーションのゲームソフトだった作品を映画化したもので、ゲームがとても怖いと評判だったので、期待していた作品でした。映画の序盤から早速でてきたサイレントヒルの街は、あたり一体が霧のような灰で覆われていて、まわりがまったく見渡せません。その向こうから、何かが出てきそうな雰囲気がかもし出されていて、この時点で怖かったです。そして、怪物が現れたシーンでは、頭が真っ白になるくらいの衝撃で、早く倒してほしいとずっと心の中で叫んでいました。怪物を倒したときの安心感は、何とも言えない感じでした。その後も、様々な怪物が出てきて、中には武器を持ったのもいたりして、主人公は何て精神力が強いんだろうと、そこに感心していました。娘を助けるために、懸命に戦っている母の姿を見ていて、涙が出てきました。ホラー映画なのに、感動できる作品に出会えたことに感謝しています。最後のシーンで、サイレントヒルから助け出されたのが、本当の娘ではないかも、という感じで終わったので、この先が気になる終わり方でした。ぜひ、続編を製作して欲しいと思いました。ストーリー性も良かったのですが、怪物との戦闘シーンがとても印象的で、自分自身が主人公になりきって一緒に戦っている気分にさせてくれる、不思議な映画です。後日、ゲームソフトを購入してプレイしてみたのですが、怖すぎて、映画だけで十分だと思いました。

ゲームの世界と上手にリンクしている世界観が見どころ

"ホラーゲームの代名詞とも言われ、映画化もなされている『サイレントヒル』は、批判を受けやすいゲームの映画化の中でも屈指の良作としてあげられることの多い作品です。

サイレントヒルの世界観を見事引き継ぎ、それでいてゲームの中の不気味な雰囲気を実写という限られた素材の中で再現した映画版サイレントヒルはゲームの映画化の中でも最高峰と言っても過言ではありません。

あらすじはゲームのあらすじを引き継ぎ、サイレントヒルという閑静な街に向かう途中、主人公の娘が行方不明になり主人公が娘を探すという実にシンプルなものです。

サイレントヒルという街自体が極めて狂気的なもので、街を彷徨う人間に対して全く別の顔を見せるという特徴があります。この点ではゲームの中ではっきりと設定が立っているのですが、残念ながら映画では細部の設定が語れること無く終了します。サイレントヒルは主人公を始めとする多くの人間の心理状態に影響を受け、通常の閑静な街の表世界と、普段の姿からは想像もできない血錆にまみれた裏世界の二つがあり、その二つを行き来しながら物語は進行します。

なんといっても魅力なのはゲームの演出をそのまま再現したような演出と作りこまれたストーリーです。特に演出の出来は数あるホラー映画の中でも最高峰と言ってもよいでしょう。ストーリーも難解ではありますが理不尽というわけでもない丁度いい難解さがあるので、見て終わりということにならないのも良い点です。

ただしゲームとの結びつきが強すぎて、ゲーム未経験者には少し分かりづらいところも多々あります。それでもゲーム未経験者に配慮した構成になっているため、ホラー映画としての出来は素晴らしい物があります。"

駅前系が嫌いな人に強くお勧め

[富士急ハ○ランド世界最長お化け屋敷]を完全映画化、みたいな映画でした。

前に一度だけゲーセンでプレイした事があって、三角マンに追い詰められて進退窮まったら、画面が勝手にオーバーラップしてプレイヤーが助かったのはいいけど訳が分からん…というのが大変良く再現されてて、前半は「追われる→休息→追われる→休息…」の繰り返しでお話の方はトンと要領を得ないんですが、役者を感じさせない怪人たちと、ブキミCGとヌルヌルした音響で気持ち悪さがタダ事じゃないので、繁華街のキタナイ便所とかゴキブリとか酔っ払いとか宗教勧誘とか、そういう駅前系が嫌いな人に強くお勧め。

ストーリーの解説は端折りますが、ゲームファンにもそうじゃない一見さんにもガッチリ喰い付かせる前半の[隠れんぼ+鬼ごっこ編]において見せ場スイッチの入ってない休息時では濃霧と灰景色で視界の隅がはっきり解らないゴーストタウンが白く美しく、此の世ならざる深山幽谷の別世界を構築。対比として出てくる現実の風景との違いは見事で、美術とCGが解りやすいとこだけじゃなく縁の下でもよく頑張ってます。

ゲーム原作ではどうなってるか知りませんけど後半の解決編は虐げられた悪が狂った偽善に復讐する「勧悪懲偽善(今作った単語)」なところが、ほんとはこうなる筈だった「東映デビル●ン」みたいで、そういえば主人公の子役の悪い人格の見せ方がちょっとJホラー入っていたり、日本の原作コンテンツ様々じゃないか?と野暮な考えが過ぎりました。

残酷だけど萌え要素あり!?の女性たち

ゲームがベースとなっている作品だそうです。サイレントヒルという隔離された地域が舞台です。そこでは過去におぞましい秘密と惨劇があり、いまだに何か不気味な現象がくすぶり続けています。そんなサイレントヒルに迷い込んだ娘を探しに来た母が、サイレントヒルのありえない化け物たちと対決するストーリー。

主人公は母親ですがこのお母さんの頑張りが涙ぐましい。何が起こっても娘を探すんだっていう闘志だけで、ゾンビや狂信者たちと対峙していっちゃうから凄いです。もっと凄いのが婦人警官さんで、女なのにメチャクチャかっこいい! 最後まで観たのは彼女がじつはあまりにかっこいいからでした。いかにもアメリカ的な融通きかない警官像が、しだいに母親を守ってあげたいみたいなヒーローっぽい流れに転じていきます。ゾンビ等の暴力・殺害シーンがけっこうエゲツナイ表現の中、唯一光っている点が二人の人間関係でしょうか。他にも重要人物でてきますが、若干「ありがち」というか「後だしジャンケン」的印象があって・・・でも異空間で化け物しかいないのかと思ったら続々と普通の人間が出てきてホッとはしましたが。

あと、登場するゾンビのビジュアルが新鮮でした。傷つけられたら液体が飛び出して、服についたらジューっとなるところあたりは某エイリアン映画のパクリっぽくてウケました。観た事無いって喜んでるうちにあっさりやられちゃって残念でした。もっと掘り下げて欲しいくらい、もったいないキャラでした。

肝心の娘はなんだかややこしい素性で、よくよく観てないと途中でワケがわからなくなりそうでした。終盤はスプラッター映画みたいになってました。お父さんももっと頑張って欲しかったです。全体的には萌え要素もあり、飽きの来ない凄惨シーンもありなのでまあまあだったと思います。続編に期待しています。

原作ゲームで一番オススメなホラー映画

私はいままで様々なホラー映画を観てきました。特に私はゲームも好きなので、ホラーゲームが原作の映画などもいくつか見てきたのですが、やはり原作に勝るもの、近いものを表現するのはなかなか難しいのではと思うような作品ばかりでした。

しかし、私が一番すきなホラー映画の一つに『サイレントヒル』という作品があります。

サイレントヒルは原作がコナミから発売された『サイレントヒル』というホラーゲームから実写映画化された作品で、2006年に日本でも劇場公開された映画です。ホラーゲームでも何本もシリーズが出るほどの人気作でしたし、あの独特の世界観、クリーチャー達をどうやって表現していくのかすごく疑問でしたし、逆に期待するところでもありました。私はサイレントヒル自体を映画公開後に知ったので、DVDをレンタルして自宅で見ました。その結果、DVDを今すぐ購入したくなるほど素晴らしい作品でした。

サイレントヒルは、ホラーでよく用いられる夜の薄暗い雰囲気演出とは違って、真っ白な霧に包まれた静かな村を進むという独特な雰囲気を持っています。映画でも霧の奥に何かが潜んでいそうな雰囲気が感じられ、世界観が丸っきりゲームと同じで思わず息を呑みました。またでてくるクリーチャーも原作に近い形で不気味な形状をしていて怖かったです。特にナースやレッド・ピラミッドの完成度は原作よりもリアルで本当にドキドキしました。スプラッターな表現もあり、とてもリアルなので目を背けたくなりますが、そこもゲームの世界観と似ているのでここまで表現するのかと驚きました。またサイレンとともに、裏世界(血と錆にまみれた世界)に変わるときの演出がすごく丁寧に作りこまれていて感動しました。この演出はゲームになかったものなのですが、後に発売される『サイレントヒル:ホームカミング』というゲームにも逆輸入されている演出です。少しずつ周りの景色が剥がれていき、だんだんと錆びていく演出は圧巻の一言です。最後の対決は本当に怖い印象しかありません。原作よりも怖い演出もあったりするので、見てない方は絶対見て欲しいと思います。

レビュー投稿