聖ヨゼフの階段

 聖ヨゼフの階段とはアメリカのニューメキシコ、サンタフェにある修道院にある螺旋階段のことである。
 この聖ヨゼフの階段は、長年にわたって世界中の建築家や物理学者の頭を悩ませている。この階段は手すりも支柱もなく、まるで空中に浮かんでいるような形をしており、なぜ存在できているのかを説明できないからである。

この階段ができた経緯

 1852年にロレットのシスター達はサンタフェで修道院を造るよう命令を受けた。シスター達がサンタフェに到着し、メキシコ人の大工の手によってアカデミーが建設されることになった。それから約二十年後の1873年、アカデミーにチャペル(主に礼拝堂を意味する)が増設されることになった。
 完成直前だったがここで深刻な問題が発覚した。2階の聖歌隊が歌うギャラリーに続く階段を作り忘れたのだ。なんとかして階段を作れないかと多くの大工に頼んだが、
「階段を作るスペースがないのでチャペル自体を作りなおさなければならない」
と誰もが不可能であると言って作ることはできなかった。
 途方に暮れたシスターたちには祈ることしかできずに、聖母マリアの夫である聖ヨセフに9日間の祈りを捧げることになった。
 8日間が過ぎ、ついに迎えた9日目に変化がおこる。ロバを連れ大工箱を持った白髪の男が訪ねてきて階段を作ろうと申し出たのだ。
 その男が持っていたのはハンマー・のこぎり・T定規・というわずかな道具と木材であった。
 数日後に階段は完成したが、男はどこかに姿を消してしまっていた。

 シスターたちはお礼がしたと男の行方を捜し、新聞にまで広告を出したが結局男の行方は分からなかった。
 階段に使われた木材の購入記録はどこにも残っておらず、その木はニューメキシコ州周辺では採れない木であったことも明らかとなった。

 それから100年以上たった現在も聖ヨゼフの階段はその形を保ち続けており、現在のロレットチャペルはニューメキシコ州でも有名な観光スポットになっていて、実際に結婚式を行うことができる。

 通常の螺旋階段では外側、または内側に支えが必要となる。この階段がなぜ崩れることなく存在できているのかは現在をもって解明されていない。

引用元
http://takashi1016.com/joseph-1651
http://tachyon1967.blog.fc2.com/blog-entry-44.html

閲覧数コメント怖い
6,37100
  • コメント
  • 他の投稿