三吉鬼(さんきちおに)

三吉鬼(さんきちおに)

秋田を中心とした東北地方に伝わる妖怪
人里に現れ、酒屋に入っては大酒を呑み、代金を払わずに出て行ってしまう。
無理に代金を請求すると仇をなすが、黙っていれば呑まれた代金の10倍ほどの薪が戸口に積んであるという
また、とても1人では動かせないような物を運ぶとき、酒を供えて三吉鬼に願掛けすると
一晩の間に仕事が終わっているという。

以上は只野真葛の「むかしばなし」にあるものだ。

また鬼神としての三吉鬼の話もある
荒ぶる神ではあるが弱者や困窮者には優しい神とされた
神格化しているときはミヨシジン、ミヨシサマと呼ぶが、人の姿をしているときはサンキチと呼ぶ
秋田で日本一を名乗ると必ず三吉様が現れて倒すと言われ、秋田で三吉様の噂をするのも良くないとされる

閲覧数コメント怖い
55300
  • コメント
  • 他の投稿