川をさかのぼる化け物

つい先日、実家(和歌山県上富田町)の母親から聞いた話。

10月22日、台風21号が紀伊半島に上陸したが、上富田町でも非常に激しい大雨が降った。町を縦貫するように富田川という二級河川が流れているが、大雨で水かさが増し、茶色い濁流が道路にまであふれそうだった。
台風の翌日、ある人が橋の上から未だに激しく流れる川の様子を眺めていると、濁流の飛沫の間から、黒い大きなものが見えた。
最初は流木かと思ったが、奇妙なことに、激しい流れに逆らって、川の上流、自分が立っている橋の方に近付いてきた。
よくよく見ると、それはどうやら動物の背中らしかった。台風一過の快晴のなか、濡れて黒く光る短い毛並みがはっきり分かった。
その生き物は、橋の下を通り過ぎ、さらに上流へと進んでいったが、そのうち水に沈んでしまい、もう姿を現さなかった。ただ、水に沈む瞬間、大きな二本の角のような物が、確かに見えたそうだ。
その人はしばらく橋の上で呆然としていたが、不意に怖くなって、家に逃げ帰ったらしい。

この話を体験したのは母親の友人で、家に帰ったあと私の母に電話をかけ、事の次第を語ったらしいです。
母は同じ話を私の祖母にもしたのですが、祖母が言うには、小さい頃、似たような話を聞かされたことがあるらしいです。
・秋祭りの時期(10月中旬)は、雨の日には富田川に絶対近付いてはいけない。大きな牛のような象のような化け物が、海から川をさかのぼって、山にやって来る。運悪くそいつに出会うと命を取られる。

和歌山には牛鬼に関する伝説が多いのですが、この話も牛鬼と何か関係してるのかもしれません。

コメント怖い
0
6
  • コメント
  • 他の投稿