私の実家は和歌山県の中山間地にあり、夜ともなれば山や川から色んな生き物の鳴き声が聞こえてくる
ところだった。

自分がまだ小さい頃の話。
夏のある夜のこと、居間でくつろいでいると、山の方から、これまで聞いたことのない声が聞こえてきた。

ギャアァ、ギャアギャアァァ、ギャアアア

発情期の猫に似ているが、もっとにごったような声で、騒がしく鳴いている。

ギャアァ、ギャアアア、ギャアアァァ

そのくせ尾を引くような、不思議な鳴き声が闇夜のなか聞こえてきた。
側にいた母親に尋ねれば、
「あれは“オギャナキ”の鳴き声だ」という。

母曰くオギャナキとは、ヨタカの別名で、近くの山から、時々鳴き声が聞こえてくるという。
それからも、私は度々オギャナキの声を耳にした。決まって夜に聞こえ、妙に物悲しく、女の悲鳴のような声で、とても怖かった。
夜中に目が覚めたときなどに聞こえると、心細くて寝られなくなることもしばしばあった。

しかし、長じてからヨタカの鳴き声を聞いてみると、オギャナキとは似ても似つかないことが分かった。 
(ヨタカはキョキョキョキョと、忙しなく鳴く)
どうにもオギャナキ=ヨタカではないらしいので、祖母に聞いてみた。

祖母曰く「ヨタカとオギャナキは全く別物」とのこと。
オギャナキの姿は誰も見たことがない(見ると不幸になる、とも)が、どうやら鳥ではあるらしい。
夜更かししている子どもを攫うとも、生まれたばかりの赤ん坊を盗むとも言われている。
実際、祖母が子どもの頃、隣の集落で、赤ん坊が夜の間に行方不明になる事件があったが、オギャナキの仕業だと噂された。
その晩、何人かの住民が、集落近くでオギャナキの不気味な鳴き声と大きな羽ばたき音を、確かに聞いたそうだ。

時々オギャナキが家の近くで鳴くことがあったが、その時は祖母は必ず戸締まりを確認し、私達に早く寝るように言ったものだった。

先日、祖母に電話したとき、オギャナキの近況を聞いてみた。
「今でも山からたまに声が聞こえるが、もうこの辺まで来ることはない。代わりにアオサギが増えた。夜に見かけると結構びっくりする」
と話していた。

徳島県にもオギャナキという声だけの妖怪が出るらしいです。地元のオギャナキも同種と思いますが、鳥だと解釈しているのは面白いと思いました。

コメント怖い
0
5
  • コメント
  • 他の投稿