集落の水引役をしていたおじさんから聞いた話。

昭和初期のこと。
中辺路町野中というところに、炭焼きをしている人がいた(以下、Aさん)。
その当時、大阪の岸和田に紡績関係のかなり割の良い仕事があった。
「稼げるし、町には遊ぶところがたくさんある」
そんな話を聞かされて、中辺路の若者達はみんな大阪に行きたがった。
Aさんもご多分に漏れず、仲間が大阪に行ったという話を聞く度に自分も行きたいと強く思っていたそうだ。

そんなある時、仕事で山に入っていると、着物姿の三十歳くらいの男が現れて、
「お前、大阪行きたいか?」と聞いてきた。
Aさんは人雇いと思ったらしく、「行きたい」と答えると、
「では、連れて行ってやろう」と言って男が前を歩き出した。
その歩くのが尋常でないくらい速く、険しい山道や崖もスタスタと行ってしまう。川なども飛び跳ねるように渡って、Aさんが追いつくのを待っていたという。
Aさんが必死でついて行くと、やがて町が見えてきた。民家や商店が建ち並んだきれいな町だったが、人影は全く見えなかったという。
先を行く男にAさんも続いて歩いたが、平坦な道の筈なのに、山を登ったり谷を下ったりしているように感じたそうだ。

しばらくして小高い丘の上に出たところで、Aさんはたまらず座り込んでしまった。その時、突然強い風が吹いてきた。
はっと正気づくと、夜の闇の中、河原の石の上に座っていた。
着物の男の姿は、どこにも見えなかったという。

仕方なしに川から上がって山道を彷徨っていたAさんを、炭焼き仲間が発見し、無事保護した。
何日も歩いていたように思ったが、実際はいなくなった日の晩に見つかったそうだ。

Aさんはしばらく家で養生したが、一週間くらいは腑抜けたようになって、何もする気が起きなかったそうだ。
山に住む魔物の仕業で、Aさんの大阪に行きたいという気持ちにつけ込まれてしまったのだろうと、人々は噂したという。

水引きのおじさんが若い頃に、もう老年に達していたAさんから直接聞いた話です。
風が吹いて正気になったことについてAさんは、
「恐らくあの風が山の神さんで、自分を助けてくれたのだろう。
あのまま男に連れていかれたら、命を落としていたかもしれん」
と話していたそうです。

コメント怖い
0
6
  • コメント
  • 他の投稿