地元の知り合いから聞いた話。
当時、新聞にも掲載された話らしい。

昭和60年頃のこと。
和歌山県中辺路町の民宿に、予定時間より随分遅れて、ある予約客がやってきた。その様子は尋常でなく、顔面は蒼白、体は小さく震え、呆けたようになっていたそうだ。
しばらくしてようやく落ち着き、宿の主人に自身が体験したことを語り始めた。

その日は朝から本宮を出発。熊野古道の名所を巡りながら中辺路町の近露まで行く計画だった。朝からすでに小雨が降り出していたらしい。
発心門王子、猪鼻王子と過ぎていくと、それまでの苔むした急峻な林道から舗装された道路へと変わる。この辺りを三越峠と言い、口熊野と奥熊野を隔てる境界とされた。
峠に差し掛かって道が良くなり視界も開けて気が抜けたのか、徐々に強い疲労を感じてきたという。
そんな時、道の外れに平屋を見つけた。古びているものの、人が住んでいる気配がある。
玄関を開けて「ごめんください」と呼ぶ。
返事がない。
申し訳ないと思いながらも、勝手に玄関の縁に腰掛け、雨宿りがてら休憩させてもらうことにした。
しばらくすると、さやさやと衣擦れの音がこちらに近付いてくる。
着物姿の上品そうなお婆さんだった。
白髪の老婆は愛想良く笑い、
「旅の人、どうぞゆっくり休んでください」
とお茶を出してくれた。
礼を言ってお茶をもらい、それから老婆に色々と話しかけた。
しかし相手は、穏やかな表情のままこちらを見つめるだけだったという。
どうしたのだろう、とその人は内心不審がった。
すると、不意に老婆が口を開いた。
「旅の人、どうか娘に授けてやってください」
言っている意味が分からず、固まっていると、
家の奥の方から、女の泣くような声が聞こえてきたという。

そこで我に返って辺りを見回すと、崩れかけた廃屋の中で独り座っていたそうだ。
女の声はもう聞こえず、老婆の姿も消えてしまっていた。
その人は恐ろしくなり、廃屋を飛び出して無我夢中で国道まで走った。たまたま通りかかった車に乗せてもらい、ようやくこの宿に着いたのだという。

その人は、翌日にはすっかり元気を取り戻したらしく、朝早くから宿を発って田辺の方へ向かったそうだ。

***********

三越峠は熊野古道の難所と言われています。中辺路側と本宮側、どちらから来てもキツい坂道を登る必要があり、かなりしんどかった記憶があります。
江戸時代には茶屋が建てられ、熊野詣の旅人で大変賑わったそうですが、現在は迂回する道が作られ、かつての面影はあまり感じられません。

白髪の老婆は幽霊だったのか、はたまた狐狸に化かされたのか、真相は分からないままです。

コメント怖い
0
5
  • コメント
  • 他の投稿