祖母から聞いた話。

祖母がまだ小さい頃、同じ集落に万吉という老人がいた。
無愛想で、集落の人間とあまり付き合わず、しかもどういうわけか毎晩お経を読むクセがあるので、大人達からは変わり者扱いされていた。
しかし根は優しく菓子などをくれるので、子どもからは意外と好かれていた。祖母らは親しみを込めて「お経のおんやん」と呼んでいたそうだ。
その万吉さんが、若い頃の不思議な体験を語ってくれたことがあるという。

万吉さんは大塔村の生まれで、若い頃はカシキ(炊夫)をしており、木こりや炭焼き達と一緒に山に入って仕事をしていた。
彼の“奇癖”はこの頃からすでにあったそうで、山でも毎晩必ずお経を上げていたらしい。
夜は同じ小屋に皆が集まって眠るので、他の仲間から「うるさいから止めろ」と嫌われたが、それでもお経を読み続けたそうだ。

激しい大雨の降る晩だったという。
小屋の中で片付けをしていると、外から自分の名前を呼ぶ声がする。
「万吉来いよぉー、万吉来いよぉー」
激しい雨音にも関わらず、何故かその声ははっきりと耳に届いたそうだ。
周りの仲間に聞いても「そんな声など聞こえない」と言われ、しまいには「とうとう頭がおかしくなったか」とからかわれる始末だった。
どうやら、自分にしか聞こえていないようだった。
「万吉来いよぉー、万吉来いよぉー」
あまりに何度も呼ばれるので、万吉さんは小屋から出て、大雨の降りしきる中、暗い山を声のする方に向かって歩いて行った。
しばらくすると、ゴゴゴゴと物凄い地鳴りがして、足元が揺れ始めた。
「山津波だ!」と思った瞬間、一際激しい音と震動があり、大量の土砂と岩石が山の上から流れ出し、辺り一面を飲み込んでしまった。
万吉さんは運良く難を逃れたが、小屋は山津波の直撃を受け、一瞬で押し潰されてしまった。
残念ながら万吉さん以外は一人残らず亡くなってしまったという。

「あの不思議な声は山の神さんで、毎日お経を上げていたから助けてくれたんだと思う。お経というのは尊いものだから馬鹿にしてはいかん」
と、お経のおんやんは言っていたそうだ。

コメント怖い
0
2
  • コメント
  • 他の投稿