短編1
  • 表示切替
  • 使い方

どんな色が好き?

僕が一人公園にいたらおじさんが来た。

おじさんが僕に話しかけてきた。

「ぼうや、ぼうやは一人かい?」

「そうだよ」

「ねぇぼうや、どんな色が好き?」

とおじさんが聞いてきた。

「僕は赤が好き、この前お父さんとお母さんが赤に染まって綺麗だったから」

僕は満面の笑みで答えた。

おじさんは眉間にシワをよせた。

「赤に染まったって何のことかな?」

おじさんは僕に笑いかけた。

「それはおじさんが1番わかるんじゃないかな?」

僕は笑い返した。

「何を言ってるかわからないな」

おじさんは僕をまじまじと見つめた。

瞬間一気に青ざめていった。

「き、君は!」

おじさんは後ずさる。

「おじさんはどんな色が好き?」

僕は隠し持っていた包丁を振りかざす。

ザシュッ。

「赤だよね?」

ザシュッ。

「赤だよね?」

ザシュッ。

「赤だよね?」

ザシュッ。

おじさん、僕を大好きな赤に染めてくれてありがとう。

だからお礼に僕も染めてあげるね。

おじさんが僕達にしたように……。

バイバイ、おじさん。

怖い話投稿:ホラーテラー つばめさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2600
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ